マンションの売却を考えられている方の二大欲求は

  • 高く売りたい
  • 早く売りたい

ほとんどがこの2点だと思います。しかし、売り方によっては簡単に100万円単位の売却価格差が出たり売れるのに売れず時間だけがかかったりという事がよく起こります。

そういう事が発生する理由として一番多いのは、不動産会社の選択の失敗です。また、自分では気づいていないところで失敗している方が多くいるのも事実です。

売ってしまってから「もっと高く売れたのに!」と後悔しても遅いのです。ではどうすればいいのでしょうか?有意義な方法としては複数の不動産会社の査定を比較できる「マンション一括売却査定サービス」を利用することをオススメします。

一括査定サービスを利用するメリット

  • 無料
  • 一社ずつ申し込む手間を省くことができる
  • 比較できるので高く売れる
  • 査定額がすぐわかる
  • 一括査定サービスに加盟している会社は他社と比較されている事が前提なので、真摯な査定結果や対応を期待できる

査定は大手も中小も含んで最低3社が基本になります。イエイで査定をできる不動産会社は大手から中小までありますので、そのサービス内容も様々です。大手や中小だけに偏るのも何かと不安が残るかと思います。

物件によっては査定額が不動産会社によって100万円以上異なることはよくある話なので、だからこそ、大手から中小までバランスよく複数社にマンションの売却査定をしてもらい、じっくり各社のサービスや査定額を比較検討する事が重要なのです。

かなり大きい売買なのでマヒしがちですが、現実に考えて100万円の差はかなり大きいので少しでも高く売れるということにこしたことはないですよね。

納得がいかなければ断る事もできます

イエイでは売却を既に決断されている方だけのサービスではございません。マンション売却するかまだ具体的に決めていない、検討中という方もご利用可能です。

まずはイエイで複数社の査定を比較し、それから検討に入っていただくことも可能です。各社のサービスや査定額に納得がいかなければお断り下さい。

一社だけで決めてしまうのはなぜ危険?

一社で決めることが危険なのはなぜ?

マンションの売却査定を一社に頼むのというのは危険です。なぜかというと、不動産屋の収益が仲介手数料に頼っているというのが主な注意点です。不動産会社があなたのマンションを預かっても買い主が見つからなければ、不動産会社は一円の収益にもなりません。

むしろ、色々と対応した分会社としてはマイナスとなってしまいます。そのため一社に頼んだ場合、不動産会社は「売れるかもわからない高値で売り出すよりも、確実に売れる相場価格(またはもっと確実に売れる相場より安い金額)で出してみよう」 ということになりかねないのです。

その差はたったの○○万円

マンションを3,000万円で売り出した場合と、3,300万円で売り出した場合を見比べてみましょう。金額にして300万円もの差は大きいですが、これを仲介手数料として計算してみると・・


3,000万円で売り出した場合不動産会社の利益=3,000万円×3%=90万円
3,300万円で売り出した場合不動産会社の利益=3,300万円×3%=99万円


おわかりいただけますか?

3,000万円と3,300万円の差はたったの9万円なのです。あなたにとっては300万円も違いますが、不動産会社にとっては9万円ほどの差でしかないのです。それくらいの差であれば確実に売れる方を選ぶのは明白でしょう。

ただ、もしこの不動産会社が他社とも比較されていると知っていたらどうでしょうか?こんな事はできませんよね?これが複数の不動産会社に頼むべきロジックというわけです。

そもそも査定額か高いか安いかは一社だけだとわかりません。あなたが依頼した、または依頼しようとしている一社は親身になってくれているかもしれませんが、そもそもその査定額が高いか安いかは比較しなければわかりようがありません。

巧妙な営業トークで納得させられるかもしれませんが、複数社に査定依頼をした方がいいのは誰が考えても明白な事なのです。

マンションの売却価格は誰が決めるの?

マンションの売却価格は市場が決めるものです。

買い主と売り主の間で折り合いのつく金額が売却価格になるのですが、売り方を間違うと金額も合わず、挙げ句の果てには売れずに予定していた住み替えもできないという結末になってしまう事も往々にして発生します。 

売り方を間違えると悲しい結果になるかも。。。

マンションの売却の第一歩は査定をしてもらう事からはじまりますが、一社のみに頼むということがいくらか損をしかねないということはわかっていただけたでしょうか。

口を酸っぱくして言いますが、最低でも3社には査定してもらい、査定額やその査定額の根拠を比較することは必要不可欠となるのです。