瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)という言葉は、不動産を売却する前に知おくべきことの一つです。

瑕疵担保責任とは?

不動産売却をするなら知っておきたい瑕疵担保責任

不動産売買の契約条項には『瑕疵担保責任』(かしたんぽせきにん)というものがあります。これは、売買成立時点では見つからなかった、または見つけることが不可能だった瑕疵(不具合という雨漏りや水漏れ、シロアリ被害など)について、売主側が責任を持つというものです。責任のとり方は

買主側からの契約の解除

買主が瑕疵を発見してから1年以内に売主に申し出れば契約の解除が出来るというものです。

売主の全額負担により瑕疵を修復、改善す

同じく、買主が瑕疵を発見してから1年以内に売主に申し出た場合、売主の負担により瑕疵を修復、改善しなければなりません。契約時に、これらについて双方がきちんと確認して明記していない場合、大きなトラブルに発展するので注意が必要です。 

瑕疵担保責任免責

築年数が古い中古物件の場合、個人が売主の場合であれば一般的には「現状有姿」という形態で取引をします。これは、そのままの状態で売るため、その後は何があっても買主の自己責任であり、売主には瑕疵担保責任は無い=免責ということになります。免責でない場合は、3ヶ月間となっている事が多いです。

宅建業者が、個人を相手に物件を売る場合は、瑕疵担保期間は2年以上としなければなりません。

土地にも瑕疵はある

土地にも、瑕疵はあります。

引き渡し前に瑕疵をみつけましょう

昔使っていた浄化槽や、基礎のコンクリートなど不要なものが地中に埋まっている場合、撤去するのに費用が発生します。この部分は、瑕疵担保責任となるため、注意が必要です。

まとめ

売り主が個人の場合は、瑕疵担保責任は免責の場合がほとんどで、トラブルも多いわけではありませんが、契約時に双方がしっかり確認して契約書に明記していない場合には、大きなトラブルに発展することもあります。 しっかりと確認しましょう。また、瑕疵担保責任の保険もあるので、不安なのであれば活用を検討してみるのも一つかもしれません。