仲介手数料は、不動産売却時にかかる費用のひとつです。この仲介手数料は法律で上限額が決められていますが、不動産売却時にかかる費用はできるだけ安く抑えたいものです。

そこで今回は、不動産売却時の仲介手数料の相場はいくらになるのか、安く抑えることはできるのか、不動産売却時の仲介手数料について説明していきます。

仲介手数料とは

そもそも仲介手数料とは、不動産売買や賃貸の際に不動産会社に対して支払う費用のことをいいます。仲介手数料は売買契約が成立した場合にのみ支払う成功報酬なので、売買契約が成立しなかった場合は支払う必要がない費用になります。

また、仲介手数料は法律で上限額が決められていますが、その上限額を超えなければ不動産会社が自由に決めることができるので、不動産会社によって金額が異なるといえます。それでは、次に仲介手数料の計算方法について説明します。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料の上限額は、売買価格によって変わります。

不動産の売買価格(税抜)
仲介手数料の上限額(税込)
200万以下
5%+消費税
200万円超~400万円以下
4%+2万円+消費税
400万超~
3%+6万円+消費税

例えば、5,000万円で不動産を売却した場合の仲介手数料は、以下の計算式で算出します。

5,000万円×3%+6万円)×1.08=169万円

この場合の仲介手数料の上限額は169万円になり、0円~169万円の間であれば不動産会社が自由に決めることができるのです。

仲介手数料の早見表(上限額)

不動産の売買価格(税抜)
仲介手数料の上限額(税込)
500万円
226,800円
1,000万円
388,800円
1,500万円
550,800円
2,000万円
712,800円
2,500万円
874,800円
3,000万円
1,036,800円
4,000万円
1,360,800円
5,000万円
1,684,800円
6,000万円
2,008,800円
7,000万円
2,332,800円
8,000万円
2,656,800円
9,000万円
2,980,800円
1億円
3,304,800円

それでは、次に仲介手数料の相場について説明します。

仲介手数料の相場はいくら?

仲介手数料の上限額は決められていますが、仲介手数料の相場はいくらになるのでしょうか。実際の仲介手数料は、上限額を支払うことがほとんどになります。一般的に仲介手数料の上限額を請求する不動産会社がほとんどなので、仲介手数料の相場は、仲介手数料の上限額といえます。

とはいっても、不動産会社が宣伝するために仲介手数料を半額にするキャンペーンを行っている場合があるので覚えておくといいでしょう。それでは、次に仲介手数料の値引きについて説明します。

仲介手数料は安く抑えられる?

仲介手数料の相場は上限額になる場合がほとんどですが、場合によっては、不動産会社と値引き交渉をすることによって仲介手数料を安く抑えられる可能性もあります。

不動産会社と交渉を行って仲介手数料の値引きをしてもらうには、基本的に仲介手数料を値引きしてくれる不動産会社は少ないようですが、以下のような場合により、交渉次第で仲介手数料を安く抑えられる可能性があるといえます。

両手取引の場合

両手仲介とは、不動産会社1社がひとつの不動産の買取も販売も仲介も行うことで、売主と買主の両方から仲介手数料をもらう仲介方式のことをいいます。不動産会社は、売主と買主の両方から仲介手数料を確保できるので、両手取引の場合は、仲介手数料の値引きに応じてくれる可能性があるでしょう。

成約までの期間が短い場合

売買契約が成立するまでの期間が短ければ短いほど、不動産会社が行う売却活動に経費と時間がかからないということなので、成約までの期間が短い場合は、仲介手数料の値引きに応じてくれる可能性があるでしょう。

売買価格が高額である場合

仲介手数料の金額は不動産の売却価格によって変わり、売却価格が高額であれば仲介手数料も高額になるので、仲介手数料を値引きできる余力があります。

売買価格が高額である場合は、仲介手数料の値引きに応じてくれる可能性があるでしょう。

売却価格が査定額より低い場合

不動産会社の査定額より、実際の売却価格が大幅に下回ってしまう場合もあります。売却価格が査定額より低い場合は、仲介手数料の値引きに応じてくれる可能性があるでしょう。

当サイトは、日本最大級の不動産売却査定サイトです。

不動産売却や一括査定のことを知りたいならぜひ一度当サイトTOPページをご覧ください。

イエイが選ばれている6つのポイント

  • マスコミでも注目されている日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト
  • 業界最多!1,000社以上の厳選会社から選んで一括査定可能
  • 最短60秒で一括査定依頼
  • 査定額を比較できるから高く売れる
  • 悪徳企業は徹底排除!イエイがトラブルを防ぎます
  • 不動産売却のお悩み全て解決!万全のサポート体制

まとめ

仲介手数料の相場は上限額になる場合がほとんどですが、このような場合は不動産会社に値引き交渉をしてみる価値はあるかもしれません。

ただし、不動産売却時にかかる費用は安く抑えたいものですが、仲介手数料の安さだけで不動産会社を選ぶのではなく、満足できる不動産売却をするためには、信頼できる不動産会社に不動産売却を依頼することが大切です。それに役に立つのが「不動産売却価格査定サイト」です。とくに、「イエイ」がおすすめです。

まず、家に居ながらにして、厳選1000社以上から最大6社までを選択し最短60秒で査定価格を比較することができます。ただ比較する会社が本当に信用できるのか、これだけ登録社数が多ければ不動産会社の質もあまり良くないのかと不安になるかもしれません。

そこでイエイでは、悪徳企業徹底排除のための「イエローカード制度」を設けています。これは、利用者からの評判が悪い不動産会社は、登録を解約するというものです。そのため、イエイで利用できる不動産会社は優良会社ばかりなのです。そのなかから、自身が信頼できる不動産会社をしっかりみつけ、後悔のない不動産売却に臨みましょう。