不動産屋の店頭で不動産物件の広告チラシが貼り出されているのを目にしたことのある人は多いでしょう。普段何気なく見ている不動産チラシですが、自分が不動産を売り出す際にも物件広告チラシは使われます。 そこで、不動産広告チラシはどのように作られているのか、魅力的なチラシを作ってくれる不動産会社の選び方はどうすればいいのかなどを解説します。

不動産物件広告チラシには何が書かれているのか?

不動産物件広告チラシって?

不動産物件の情報が掲載されている広告チラシにはいくつかの種類がありますが、その中心となるのがひとつの物件の情報をA4またはB4の用紙1枚に掲載して片面印刷したものです。

典型的なものは左上に最寄り駅と一戸建て・マンションなどの物件の種類が大きく表示され、間取り図と外観写真などが真ん中あたりに大きく表示されています。右側に詳細な物件の情報が書かれているため、この1枚を見れば物件の概略はほとんどわかります。

このようなチラシは、不動産会社から収集した情報を配信する会社の名前から「マイソク」と呼ぶこともありますが、ほかの不動産ポータルサイトなどが使用している名称である「ファクトシート」などと呼ぶ場合もあります。また、不動産会社同士で「物件概要を送ってくれますか?」などというときも、このマイソクやファクトシートをFAXすることがほとんどです。

この物件広告チラシに掲載される情報は、どの不動産会社のチラシを見てもほとんど共通のものになっています。「不動産の表示に関する公正競争規約」という業界の自主規制によって、不動産広告で表示することが必要な事項が定められているからです。

また「宅地建物取引業法」や「不当景品類及び不当表示防止法」によって掲載してはいけない情報や誇大広告の禁止なども決められています。

チラシに載っている情報

物件広告チラシに掲載されている情報には、大きく分けて「物件概要」「間取り図」「物件写真」「取扱業者の情報」があります。

物件概要は、物件の種類や価格、面積や交通アクセス、土地であれば建ぺい率や容積率など物件そのものに関する情報です。間取り図は図面で表示され、部屋の方角を含め、建物内の間取りが把握できるようになっています。

物件写真は建物の外観や内部の写真、主な設備の写真などが掲載されますが、紙面の都合上物件広告チラシでは1点~2点程度だけしか掲載されないことがほとんどです。取扱い業者の情報は、物件を取り使っている不動産会社の商号や宅地建物取引業の免許番号、電話番号やメールアドレスなどの連絡先情報が掲載されます。

ここに取引態様として「仲介」「代理」などの情報も掲載されるのが通常です。

不動産物件広告チラシの役割

物件広告チラシは紙1枚で片面印刷の簡単なものに見えますが、不動産売却の現場ではさまざまな役割を果たしています。

最初の資料がチラシ

不動産売却で最初に使われるのが不動産物件広告チラシ

まず、不動産売却の依頼を受けた不動産会社が、購入希望者に物件情報として渡す最初の資料が物件広告チラシです。購入希望者はこのチラシを見て検討候補に入れるのかどうかを判断するのですから物件が売れるかどうかに大きな影響があります。

また、不動産売却の依頼を受けた不動産会社は自社だけで購入希望者を探すわけではありません。実際には、ほかの不動産会社にも物件情報を提供して、それらの不動産会社でも購入希望者を探してもらうのです。このように、ほかの不動産会社に客を紹介してもらえるように物件情報を渡す場合も物件広告チラシを渡します。

依頼された不動産会社が真剣に客を探す気になるかどうか、また自社の客に積極的に勧めたいと考えるかどうかも、物件広告チラシによって左右されるわけです。

他の不動産会社でも使われる

さらに、これらの不動産会社が購入希望者に物件を紹介する際には、売主から依頼を受けた不動産会社の作成した物件広告チラシをそのまま使います。チラシの一番下の帯に掲載されている取扱業者の情報だけを自社のものに差し替えて顧客に渡すのです。このようなチラシの使い方は不動産業者のあいだで許されています。

したがって、最初に作成された物件広告チラシは、ほかの不動産会社でもそのまま使われることになるのです。

実際に購入希望者が購入を決めるときには、必ず物件を見学しますし、物件広告チラシだけではわからない情報は売却を依頼されている不動産会社に確認をします。新たな資料を渡す場合もよくあることですが、そこまでに至る場合はすでに購入意思が高まっていることがほとんどです。

不動産取引は数千万円単位のお金が動くものですが、各物件の詳細なカタログなどはありません。多くの場合、物件広告チラシを見た段階で購入に前向きかどうかが決まってしまうものですので、物件広告チラシの役割は非常に大きいものと言えるでしょう。

不動産会社によって差が出るチラシ作成の実力

物件広告チラシには、それを作成する不動産会社の個性が表れます。デザインとして非常に優れたチラシを作る会社もあれば、何らデザインに気を遣っていない簡単なチラシを作る会社もあります。

その物件に見合ったデザインのチラシを

たとえば、フルカラー印刷のチラシなのか、単色のチラシなのかによって印象は大きく変わります。ただ、色が多ければ物件が良く見えるとは限らず、築古物件などは詳細なフルカラー写真を掲載するよりもモノクロでチラシを作ったほうの印象が良く見える場合もあり、一概にどちらが良いのかは言えません。

大切なことは物件に合わせたデザインを採用することです。

また、間取り図の作り方にも差が出ます。多くの不動産会社は間取り図作成の専用ソフトウエアを使っていますが、手書きの間取り図を載せるような会社や、設計図面のコピーをそのまま掲載しているような会社もあります。

一方で、デザイナーズ物件であるように見えるおしゃれな間取り図を作成する会社もあり、差が出るところだと言えるでしょう。ただ、カッコいい間取り図であれば売却がうまくいくとは限らないのも事実です。物件広告チラシの間取り図でイメージしたものと、実際の物件に大きな落差があると購入意思は一気にしぼんでしまうことも少なくないからです。

正確な間取り図情報

物件情報の正確性こそが最も大切

間取り図で最も大切なことは、間取りや設備の位置、部屋の向きなどが正確に表示されていることであり、購入希望者も正確な情報を入手したいと考えています。単にデザイン的に優れているかどうかではなく、情報の正確性こそが最も大切であることは覚えておきましょう。

物件写真も購入希望者などに与える影響の大きいものです。ピントが極端にぼけている場合や、極端に暗い写真を掲載した場合などは、物件自体が悪く見えてしまいます。一方で、室内を広くきれいに見せる工夫をして写真を撮影する会社もあり、実力の差が出やすい部分でしょう。

物件概要に関しては何よりも正確な情報の掲載が重要です。この情報が間違っていると売買契約の際や、決済引渡し後に買主とのトラブルに発展しかねません。物件に関する詳細な調査を背景に、正確な情報が掲載されることが大切です。

この物件に関する情報を言葉で伝える部分については、不動産会社によって個性が出やすい部分で、物件の「ウリ」を上手に表現する会社がある一方、ほとんどそのような「ウリ」の情報を出さない会社もあります。

物件広告チラシ作成や配布の費用を払う必要はない

不動産の売却を不動産会社に依頼した際に不動産会社に支払わなければならない費用は、基本的に仲介手数料のみです。仲介手数料の金額は宅地建物取引業法による規制があり、宅地建物取引業法を受けた国土交通省告示で具体的に上限が定められています。

不動産会社が受け取る報酬は、この上限の範囲内でなければならないのです。

ただ、稀に不動産会社が仲介手数料以外の報酬を要求してくることがあります。たとえば、物件を広く告知するために特別な広告を掲載した掲載料を求めてくるなどです。また、特別に物件広告チラシを外注して作成し印刷費用をかけて作成したのだと費用を要求してくることもあるかもしれません。

しかし、このような費用を支払う必要は基本的にありませんので注意が必要です。不動産会社が仲介手数料以外の費用を請求できるのは、顧客からの特別の申し出に従って不動産会社の業務にかかった費用だけだからです。

追加の費用がかかることを承知で自ら不動産会社に依頼したのでない限り、費用を支払う必要は一切ありません。不動産会社が仲介業務のために支出する通常の費用は仲介手数料を得るために支出される営業費用に過ぎないのであり、これをほかの名目で請求するとすれば上限規制に対する脱法行為です。

したがって、物件広告チラシの作成や配布について、売主が費用を支払う必要は一切ないと覚えておきましょう。

魅力的なチラシを作成する不動産会社の見極め方

売却時に魅力的な物件広告チラシを作成してくれる会社を選びたいなら。。

不動産会社の作成する物件広告チラシは、似たものが多く出回っています。それは不動産ポータルサイトや不動産管理システムなどの普及などに理由があります。今や不動産取引においてはインターネットを使った物件広告は必須であり、多くの不動産会社が不動産ポータルサイトの会員となりそのシステムを利用しています。

これらのシステムではインターネットに掲載する物件の情報を入力すると、インターネットに表示するだけでなく、物件広告チラシを出力できるようになっているのです。このチラシのフォーマットはサイトごとに数種類ずつしかないため、同じシステムを利用している不動産会社の物件広告チラシはほとんど同じデザインになります。

ただ、ポータルサイトを利用している不動産会社であっても、物件広告チラシにこだわりを持っている会社などは、自社で用意した独自のフォーマットを利用してチラシを作っていることもあります。デザイン的にどんなに似通っていても、物件広告チラシに掲載する写真や間取り図、物件の「ウリ」を表現するキャッチコピーには不動産会社の手腕が発揮されます。

不動産の売却を依頼する際に、魅力的な物件広告チラシを作成してくれる会社を選びたいと考えるのであれば、各会社が実際に使っている物件広告チラシを入手して良く見てみることです。

同じ会社であれば物件が違ってもチラシのフォーマットはほとんど同じですので、およその傾向はつかめます。自分が購入希望者の気持ちになってチラシを見れば、間取り図や物件写真、キャッチコピーなどが魅力的に見えるかどうかわかってくるはずです。

不動産物件広告チラシは不動産会社選びの参考程度に

不動産の物件広告チラシは、販売活動のさまざまな場面で利用される重要な販売促進ツールです。したがって、自分で納得できるレベルの物件広告チラシを作成してくれる不動産会社に売却は依頼したほうが良いでしょう。

ただ、物件広告チラシを上手に作る会社が、販売活動も必ず上手であるとは言えません。不動産の売却には、不動産市場の動向を把握し、適正な売り出し価格を設定し、適切な販売戦略をもって購入希望者を募ることが必要です。買主との契約条件に関する交渉でも不動産会社の実力は問われます。

安全な取引を実現するために、取引に関する法律知識なども備えていなければなりません。

 したがって、不動産会社を選択する際には、基本的な仲介業務の実力がある不動産会社に絞り込み、そのうえで物件広告チラシのレベルで決めるなど、チラシは判断の参考程度として利用するのが良いでしょう。