不動産売却のさい、圧縮記帳をすることによって税金の支払いを遅らせることができます。

圧縮記帳

これは不動産を売却し別の不動産を買い替えるさいに使える手段で、土地を売却したことで発生した売却益に対し税制上の圧縮損を計上することによって税金の発生をなくしてしまう、というものなのです。

これだけを見ると脱税しているように見えるかも知れませんが、決して圧縮記帳は税金を逃れるための手段ではなくあくまでも支払いを遅らせるためだけの手段に過ぎません。ですので、支払いは後で多くなります。

一時的に逃れた税金はいつ支払うことになるのか。それは、買い替えた不動産を売却するさいに支払うことになり、この時は通常よりも多くの税金を支払わなければならないのです。つまり、先に払うのか後に払うのかの違いなのです。このことは、国に負担をかけるわけでも迷惑をかけるわけでもないのです。

どうしても会社の経営がうまくいかずにその時は税金の支払いができないという場合、圧縮記帳を使って不動産を売却することもあるのです。

その他の手段について

また圧縮記帳は不動産の売買のほかにも、国からの補助金や火災保険などをもらったさいの税金を後で遅らせるための手段として使われることもあります。

このように、圧縮記帳は色々な場合に利用する事が可能なのです。しかし、実際に利用するときには税理士などに相談してからにしましょう。状況によっては、圧縮できない可能性があるからです。もしも間違えてしてしまいますと、後々大変なことになりかねないからです。