不動産の売却には、不動産買い取り業者に売る方法不動産仲介業者を通して買い主に売る方法があります。今回はそれぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。後半では買い取り相場の調べ方などにも触れています。

買い取り業者と仲介業者の違い

2つの大きな違いは、売る相手です。買い取り業者を利用した場合には、不動産の買手は不動産会社となり、仲介業者を利用した場合には不動産の買手は一般人となります。

買い取り業者

買い取り業者のメリット

買い取り業者を利用するメリットは、たくさんあります。

まず、買い取り業者は買い手が不動産会社のため、即金で現金を得られます。価格交渉が終われば、後は契約してお金を受け取り、物件を引き渡すだけです。それに伴う広告活動や見学会等を行う必要がなく、周りに売却活動を知られる心配がないという点もメリットです。 

また、通常必要である見学会に向けての家の清掃や、場合によっては賃貸に移り住み空き家にしておく行為が、買い取り業者を利用することで必要なくなります。

買い取り業者のメリットとは?

また、買い取り業者を利用すれば、仲介業者を利用した場合に必要となる仲介手数料が不要となります。買い取り業者は多くの場合、買い取った不動産を転売して利益を出すことを考えているため、仲介手数料で利益をあげる必要がないのです。

買い取り業者のデメリット

買い取り業者を利用する大きなデメリットは、1つです。

仲介業者利用の場合と比べて、買い取り価格が安くなることです。地域や物件により異なりますが、だいたい1~3割程安くなります。ただ、相場より3割安くするなら仲介業者を利用しても、すぐに売れる可能性もあります。

仲介業者を利用するのか、買い取り業者を利用するのかは、よく検討しましょう。

時間をお金で買っている

時間でお金うを買う

買い取り業者を利用する際に、意識するべきことは「時間をお金で買っている」ということです。

仲介業者を利用した際には、さまざまな労力や時間がかかりますが、その煩わしさを相場の1~3割のお金で解消し、その間にかかる時間を買っているのです。

仲介業者

仲介業者のメリット

仲介業者を利用するメリットは、不動産を高く売却できることです。これは、買い取り業者を利用するデメリットの反対です。できるだけ高く売りたいという売手の心理としては、仲介業者のメリットは魅力的です。

仲介業者を利用した場合、いくらで売れるかはわからない

ただ、仲介業者を利用する場合に注意しておきたいことは、査定価格=売却価格ではないということです。

仲介業者を利用する場合、売却価格はわからないたとえば、査定価格が相場あるいは相場より高くても、売れない期間が続けば売却価格を値下げしていくことになります。また、無事購入希望者が現れても、最終的に価格交渉をされることは常なので、少し高めに設定しておいたほうがいいでしょう。

仲介業者のデメリット

仲介業者を利用するデメリットも、買い取り業者のデメリットの反対にあります。

いつ不動産が売却できるかわからないため、引っ越しの段取りがしづらく、また住宅ローンを組んで購入していた不動産を売却する場合には、その住宅ローン完済をしなければ売却できないため、そのための資金が必要になります。 

売却時期がわからないので引っ越しの段取りがしづらい

また、しばらく売れないことが続き値下げすることになれば、その結果ローン残債以下の価格となってしまう可能性があります。さらに、一般人に物件を売却する場合、引き渡し後にもトラブルになる可能性があるため、注意が必要です。

瑕疵担保責任がついてきてしまう

仲介業者を利用するデメリットとして覚えておきたいことが、瑕疵担保責任の存在です。売却相手が一般人の場合、売却後1年間は、物件に関する不具合や欠陥に対して、責任を負わなければなりません。売主はその際、必要に応じて欠陥を修復しなければならず、場合によっては解約や損害賠償請求されることもあるのです。

この瑕疵担保責任は、買い取り業者を利用する場合には適用されず、原則、瑕疵担保責任が免除となるのです。

【不動産売却するなら瑕疵担保免責について知っておこう】

一番高く不動産が売れる!
一番高く不動産が売れる!

自身の状況にあった業者選びが大切

即金が必要な場合や、売却に費やす時間を確保できない場合には、買い取り業者を利用しましょう。

買い取り業者を利用するデメリットと言えば、売却価格の一つだけです。ここが一番のネックになるところではありますが、それを受け入れられれば、買い取り利用はメリットが大きいです。

また、仲介業者のメリットは売却価格が高いことですが、売却までには時間や労力がかかります。

いずれにせよ、相場を調べるにはまず、インターネット査定を利用してみることです。その際には、一社だけでなく複数社の査定額を比較することが大切です。

そして、査定価格や業者の比較をしながら、買い取りと仲介についての違いや、メリットデメリットについて知識を深め、自身の状況に合った売却方法と業者を選び、有効的な不動産売却を行っていきましょう。

日本最大級の不動産売却一括査定サイト【イエイ】