不動産は金額が大きいものなので、失敗したくないものですよね。そのためには、不動産屋選びがとても重要となってきます。

ここでは、不動産会社の種類や選ぶまでの流れ、不動産会社を選ぶ際のポイントや担当者スキルを見極める方法など実例を交えてご紹介していきます。

不動産屋の種類と特徴

一口に不動産屋といってもさまざまな形態の不動産会社が存在します。

管理会社

管理会社は主に駐車場や賃貸アパートを大家から依頼を受け、管理している会社です。同時に不動産の仲介をやっているケースも多いのが特徴です。

仲介会社

仲介会社は主に不動産の売買の仲介をやっている会社です。あわせて管理会社をやっている場合も多いです。

販売代理会社

ハウスメーカーや工務店が建築した建売住宅などを、依頼を受けて販売する会社です。

ハウスメーカー

一般的に全国展開しているような大手の住宅建築請負業者のことを指します。系列に仲介会社を持つといった形も見られます。

工務店

一般的に地元に根差して小~中規模に住宅建築請負をしている会社のことを指します。設計に特化しており、不動産には疎い場合もあります。

デベロッパー

大規模な土地造成等を行う業者のことです。造成した土地をデベロッパーが直接販売することもありますが、仲介業者やハウスメーカーに販売する場合が多いです。ハウスメーカーや工務店、仲介会社がデベロッパーとしての側面を持つこともあります。 

このうち、不動産の売買をする場合仲介会社と関係を持つことになりますが、上記全ての形態で、仲介会社を兼ねている場合も見られます。

とはいえ、それぞれ得意分野があるため、建物を新築するのであれば工務店に、中古住宅を購入するのであれば専門の仲介業者に行くなど必要に応じて使い分けると良いでしょう。

購入時・売却時に選ぶべき会社は違う事を覚えてこう

購入時は?

不動産会社を通して土地や中古物件を購入する場合、その物件は複数の業者によって紹介されている場合があります。この場合、仲介業者は滞りなく取引を済ませることだけでなく、値引きの交渉等も行います。

そのため、できるだけ売主と近い仲介業者を選ぶことが大切です。複数の広告のうち、一番早く広告を出している業者や、最初に値引き価格を反映している業者が、一番売主に近い業者である可能性が高いでしょう。

売却時は?

一方、売却時に選ぶべき会社はできるだけ早く、希望の価格で売却をしてくれる会社です。売却したい物件がある地域で数多くの販売実績を持った、仲介専門会社が望ましいです。これは査定依頼を出した後、媒介契約をする前に質問しておくと良いでしょう。

また、買い替えでは「売却を依頼する会社」と「購入する会社」を、できれば同じにしたほうが良いです。買い替えにおいて不動産屋としては買主と売主両方を相手にする必要があり、両方の事情を知っている方が進めやすいためです。

不動産屋を選ぶまでの流れ

不動産屋を選ぶまでの流れですが、最初はインターネットで「地名 不動産会社」といったキーワードで検索すれば問題ないでしょう。気になる会社が見つかれば直接来店することをオススメします。

売却の査定を依頼する場合には会社によって査定額が異なるため複数の会社に査定を依頼するのが鉄則です。最低でも3社程度は回った方が良いでしょう。

不動産屋に行くべき時期

不動産屋は転勤のある9~10月や3~4月が繁忙期です。売却を少しでも有利に進めたいのであればその1~2カ月程前に相談に行くと良いでしょう。これは、相談から実際の売出しまで時間がかかることと、繁忙期には担当の営業マンも忙しく、時間を割いてもらえない可能性が考えられるためです。

また、3月は多くの会社で決算期ということもあり、値引きやキャンペーンも期待できます。購入を考える上では2~3月を目標とすることも一つの手になります。

こだわり条件があるならそこが強い会社へ

不動産会社は数多くあり、一般の人には見わけがつかないかと思いますが、不動産会社によって強みが異なってきます。

例えば、ファミリータイプのマンションの売却に強い会社や、富裕層の顧客を多く持つ会社などがあります。また、ややこしい相続が絡むケースや、自営業で住宅ローンの相談もしたいケースもあるでしょう。これも会社や担当者によって強い弱いが明確に分かれています。

こうした強みや弱みは来店時に訪問してみて、その答えが分かりやすいかどうかで見分けられるでしょう。

いい不動産屋を選ぶ方法

いい不動産を選ぶ方法として、一つ明確な基準が、質問したことに対するレスポンスが早いかどうかということがあげられます。

購入や売却は実際に不動産の売買に進めば、取引の多くを不動産会社の担当者に頼ることになるためです。また質問に対するレスポンスが早いということはそれだけ熱心が感じられるということです。

確実にNGな不動産屋を振り分ける

確実にNGな不動産屋を見分ける方法として、宅建業の免許番号と行政処分歴を確認する方法があります。

まず、免許番号を確認する方法ですが、宅建業の免許番号の横にある(10)といった番号で、宅建業を始めてからの年数を確認することができます。これは、過去の更新の回数を示していて、1996年までは3年に1回の更新、1996年以降は5年に1回の更新となっています。

例えば(10)であれば宅建業を始めてから40年程度の業務歴があることがわかります。業務歴が長ければ良いというわけではないですが、一つの目安とはなるでしょう。

また、国土交通省や都道府県庁に備え付けられた名簿で、その不動産会社の過去の行政処分情報を確認することができます。処分歴が無いのが一番ですが、過去に処分歴がある場合、その諸部をふまえてどのような姿勢で業務に取り組んでいるのか確認すると良いでしょう。

入店せずに良い不動産屋を見分ける方法

不動産会社に実施に来店してしまうと、しつこく営業されてしまうのではないかな・・と不安に思う方もいるかと思います。

そこで入店せずに良い不動産屋を見分ける方法としてオススメなのが、メールや電話で質問をした時の対応を確認することです。ここでもレスポンスの早さは大切になります。質問に対する丁寧さなども見ておくとなお良いです。

大手と地元、どちらが良いか

売買をどのように進めたいかによって、大手と地元のどちらを選ぶべきかは異なります。

大手の不動産会社の良いところは全国に広がるネットワークと最新のツールが揃っていることです。例えば他県も含めた売買を考えている場合、大手のネットワークは役に立ちます。

地元の不動産会社の良いところは、地域のネットワークを持っていることです。駐車場や賃貸アパートの管理もやっているような不動産会社など、不動産会社が地元の顔となっているケースもあります。こうした地域では広告も打たずに口コミだけで売買が成立してしまう場合もあるものです。

自分の物件を買ってくれそうな見込み客がいる

売却を進めるにあたって、これほど大きなポイントはないでしょう。

売買が活発な不動産会社の場合、売却の依頼をした時点で、見込みとなりそうな候補がいる場合があります。実際にその話がうまく行かないこともあると思いますが、その後同じような見込み客が出てくる可能性も高いのです。

他の選択肢を提案してくれる

不動産を手放したい場合、売却以外にも賃貸に出したり、不動産会社による買取をしてもらったりといった方法も考えられます。

売却資金をできるだけ高くしたいのか、もしくは出来るだけ早く現金化したいのかなど人によってベストは異なりますが、このように他の選択肢も提案してくれる不動産会社は良い不動産会社だと言えます。

関連事業者と連携がスムーズ

不動産の売買には司法書士や税理士、FPなどさまざまな関連業者との連携が求められます。売買の実績が多い不動産会社であればそうした連携もスムーズになります。こうした関連事業者との連携があるかどうかを一つの目安とするのも手です。

担当者のスキルを見極める方法

不動産会社の担当者のスキルを見分ける方法として

  • 見込み客がいるかどうか
  • 他の提案をしてくれるかどうか
  • 関連事業者との連携がスムーズかどうか

この3つの視点を持ち、それぞれ売却の査定時や来店時に質問してみると良いでしょう。

自分の希望をはっきり伝えるには

不動産の売買において自分の希望をはっきり伝えるためには、当然のことながらまず自分の希望を明確にしておくことが重要となります。

相談に行く前に自分の希望を紙に書きだすなどして、相談時にはその紙を直接渡しても良いのです。

当サイトは、日本最大級の不動産売却査定サイトです。

不動産売却や一括査定のことを知りたいならぜひ一度当サイトTOPページをご覧ください。

イエイが選ばれている6つのポイント

  • マスコミでも注目されている日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト
  • 業界最多!1,000社以上の厳選会社から選んで一括査定可能
  • 最短60秒で一括査定依頼
  • 査定額を比較できるから高く売れる
  • 悪徳企業は徹底排除!イエイがトラブルを防ぎます
  • 不動産売却のお悩み全て解決!万全のサポート体制

まとめ

不動産の売買は普通の人はめったに関わらないことであり、また膨大な知識を必要とされることなので、不動産屋選びも難しいかと思います。売買を依頼する不動産を探す際は、今回お伝えしたことを参考にしてみてください。