不動産売買をするなら、初めに物件価格を設定しなければいけません。物件価格を決めるための作業が「査定」です。そして、不動産の査定には簡易査定がおすすめです。この記事では、簡易査定とはどのような方法なのか、どのようなメリットがあるのかを解説します。

簡易査定って何?

時間がない人にオススメの査定

簡易査定とは、多くの不動産会社が行っている無料査定の一種で、机上査定ともいいます。不動産会社に簡易査定を申し込むと、それほど時間を要さずに価格を算出してくれることがメリットです。

簡易査定では、対象物件周辺の成約事例や公示価格などから、査定価格の概算を出します。不動産会社は、大量のデータベースを管理しているので、実際に物件を見なくても依頼者からヒアリングした情報だけで、ある程度の査定が行えるのです。

簡易査定は時間がない人におおすすめ!

不動産売買をするか迷っている場合には、とりあえず簡易査定を申し込んでみましょう。査定の結果が、売買決意の目安になるかもしれません。簡易査定の注意点としては、「正確性を信用しすぎないこと」です。

簡易査定は、直接物件を見て決められた価格ではありません。そのため、後の細かい査定で簡易査定額が覆るケースも少なくありません。

簡易査定の申込方法は?

インターネットを活用しましょう

簡易査定は、主にインターネット上から申し込めます。Webサイト上で、入力フォームやメールなどを通して必要情報を送信すると、数時間で査定額がわかります。よくある必要情報としては、まず「物件種別」です。マンションや、一軒家などの種別を明らかにしましょう。

所在地もまた、査定額を決める大切な要素です。駅への距離、周辺環境が良好であれば物件価格も高くなります。物件の専有面積や建物面積も必須項目です。

簡易査定はインターネットを活用!

不動産物件は、基本的に築年数が長くなるほど価格が落ちる傾向があります。建物が老朽化し耐久性が落ちるので、新しい物件ほど人気が出て価格も上がります。売却希望時期なども査定に大きく影響するでしょう。できるだけ早く売却したい事情があれば、業者は設定価格を安くしがちです。

一方、売却を焦っていない場合は、査定額も高めにつけられやすくなります。簡易査定では、複数の不動産会社の査定額をまとめて知ることができる、一括査定サイトを利用するのが非常に便利です。

訪問査定は簡易査定と何が違う?

不動産物件の査定では、簡易査定のほか「訪問査定」も実施されています。

簡易査定がデータのみで査定を行うのに対し、訪問査定は業者が物件へと足を運んで査定します。不動産の状態、周辺環境、室内状況などを細かく確認したうえで、査定価格が概算されます。簡易査定では考慮されなかった室内の傷や汚れ、周囲の騒音や治安などが訪問査定では基準に含まれます。

とはいえ、データでの査定もまったく無視されるわけではなく、訪問調査の内容にプラスして査定額が出ます。不動産訪問時間は、30分から1時間程度で終わりますが、物件周辺のインフラや法規制などを調査するため、査定額が出るまでに数日かかるのが一般的です。

訪問査定は時間や手間はかかるがより正確性を増す査定方法でもある

売主の中には、訪問査定は時間がかかため、手間に感じる人も少なくありません。訪問査定をスムーズに終わらせたいなら、査定に役立つ書類をあらかじめ用意しておきましょう。

◇購入時の売買契約書
◇建物図面や権利証
◇固定資産税の納税通知書

などがあれば、訪問査定時間を短縮可能です。

不動産会社によって査定額が違うのはなぜ?

会社によって評価が違う

不動産会社の査定額に、ばらつきが生じることも珍しくありません。理由として考えられるのは、不動産会社によって用いている評価方法が違う可能性です。

主な方法として

■取引事例比較法
周辺物件の事例と比較して査定する

■収益還元法
投資不動産に多く使われる

■原価法
戸建てやマンションに用いられる

の3種類が挙げられます。いずれの方法が優れているというわけではなく、不動産会社の重視する参考データにより評価方法も変わるため、会社により差が出るのは自然なことです。

査定額を聞く際には、価格だけではなく根拠まで説明してもらうことで、信用できる不動産会社を見つけやすくなります。

なお、ごくまれに査定依頼した不動産会社の中に、悪徳業者がまぎれている恐れがあります。悪徳業者は高い査定額で売主を釣り契約し、自分たちの利益優先で交渉を進めていくのが特徴です。悪徳業者の査定は根拠に乏しく、もし査定に違和感を抱いたなら深く追求するようにしましょう。

簡易査定と訪問査定はどっちが優れているの?

簡易査定と訪問査定のどちらが良いのかは、一概に決められるものではありません。売主の状況や希望に応じて、簡易査定と訪問査定のメリットをうまく使い分けましょう。

所有不動産の大まかな査定額の目安を知りたい時に

簡易査定のメリットは、短時間で査定額の目安がわかる点です。複数業者から査定を取りやすく比較検討しやすいことが、大きな魅力です。不動産売買では業者の比較検討が鍵を握ります。

ただ、簡易査定は最終的な物件価格よりも高く設定されがちです。業者によっては、簡易査定を営業活動の一部と捉えているため、あえて高価格をつけるようにしている場合もあるのです。

その点、正確性でいうなら訪問査定の方が信用できます。簡易査定を経て良い会社が見つかれば、改めて訪問査定をお願いし正確な査定額を出してもらうことが、堅実なやり方です。

査定額が適正かどうかを調べるには

簡易査定をしてもらっても、すぐに金額を信じないようにしましょう。宅建業法によって、業者が査定額の根拠を明らかにするのが義務として定められています。根拠のないデータを提示する業者は信用できません。データが明示されていないなら、根拠を業者に質問してみましょう。

その査定額は適正?

根拠となるデータを提示されたら、データが古くないかを確認して正確性を測りましょう。また、売却価格の相場をあらかじめ調べておくことも、売主がだまされないために必要な予防策です。相場がわからないと、査定額が適正かどうかそもそも判断できません。

査定額の相場は、インターネットで簡単にチェックできます。たとえば、国土交通省の土地総合情報システムで、周辺不動産の取引価格は調べられます。そのほか、都道府県が実施した地価調査の結果も、インターネットに掲載されていることもあります。

国土交通省/土地総合情報システム
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

まとめ

不動産売買では、価格設定と物件の適正価格を知ることが重要です。適正価格が分からなければ、売買で利益を出せませんし、価格を把握しないまま仲介業者と契約してしまうと、業者の提案が正しいのか判断できずに危険にさらされます。

査定は不動産売買の第一歩にして、成功を左右するほど重要なプロセスなのです。まずは、簡易査定によって査定額を出してもらいましょう。簡易査定ならスムーズに物件把握を教えてもらえます。また、簡易査定では業者の比較検討も容易に行えるので、悪徳業者を回避するためにも効果的な査定方法です。