もしマンションを売却するなら、できるだけ高く売りたいと考えるものです。マンションの売却価格には相場があり、相場を踏まえて交渉を始めると高く売れる確率が高まります。この記事では、マンション売却の相場価格や査定価格の相場を調べる方法を解説します。

ズバリ!マンションの売却価格相場はいくら?

マンションの売却価格相場はいくら?

マンションの売却価格相場は一概にいくらと断言できるものではありません。マンションの価値を算出するためにはさまざまなポイントがあります。正確な価格を知るためには専門家に査定したもらう必要があり、しかも「何に注目するか」によって価格は変わってくるのです。査定の難しさを証明する例が、不動産会社が行っている「簡易査定」と「訪問査定」の違いです。

簡易査定

簡易査定は不動産会社がデータや法例に基づいて、売主の物件を査定する方法です。往々にして簡易査定では高額が算出される傾向があります。しかし、実際に不動産会社が物件を訪れ、細かい部分までチェックして行う訪問査定だと価格が下がってしまいがちです。条件を聞くだけでは分からなかった細かい傷や物件の現状が明らかになるためです。

訪問査定

査定では「何を基準にするか」で結果が変わります。建物や地域、立地によって物件の価値は異なるため、相場を全国で統一することは非常に困難です。だからこそ、相場感や相場に対する正しい知識を持っておき、不動産売買の交渉に備えましょう。

マンション売却の相場価格を知るメリットとは?

マンション売却の相場価格を知るメリットはまず、「査定額が適正かどうかわかる」点です。

仲介業者に依頼して不動産売買を行うケースでは、物件の査定から手続きが始まります。不動産会社が査定後に物件の価格を決めて、応じてくれる買主を探すのが一般的な流れです。
ところが、悪徳業者になると物件の価格を安く設定して買主に売却しやすくしようと試みることもありえます。そんなときでも売主が相場価格について無知であれば、悪徳業者の査定結果を信じ込んで、大損をしてしまいます。査定価格が相場からかけ離れていたら、すぐに気づく程度には相場を学んでおきたいところです。

悪徳業者に騙されないためにも!

また、相場価格を踏まえておくと売却価格の設定がしやすくなります。買主から価格交渉を持ちかけられても「相場より安くする必要はない」という意識も持てるでしょう。つまり、売主の利益を確保できる範囲内で買主からの要求にも応じられるのです。価格の根拠を買主から聞かれても的確に説明できるので、交渉にまつわるトラブルも避けられます。

【売却するのになぜ必要?マンション査定が重要な理由】

マンションの相場価格を調べる4つの方法

土地総合情報システム

マンション売却の相場価格を調べる方法には、まず「国土交通省の土地総合情報システム」(※1)があります。これは国土交通省のWebサイトで確認可能です。不動産取引価格や地価の情報が検索できるので、売主にとって参考になります。

不動産取引情報提供サイト

次に、「レインズの取引情報検索」(※2)も利用してみましょう。レインズは国土交通省からの指定を受けている機関で、すべての不動産会社が共有しているデータベースです。つまり、不動産会社が査定に利用している情報でもあり、不動産売買における価格の目安が学べます。

不動産会社ポータルサイト

不動産会社のポータルサイト」もチェックしてみましょう。不動産会社によっては、ポータルサイトで相場価格を調べられるサービスを実施しています。あくまでも簡易査定になってしまいますが、おおよその価格を知るためには十分役立ちます。

一括査定サイト

そして、「マンション売買の一括査定サイト」もおすすめです。一括査定サイトでは複数の業者の査定額が一度に分かるメリットがあります。不動産売買に慣れておらず、どこに査定を頼んでいいかわからない場合に便利なサイトです。

※1
国土交通省「土地総合情報システム」
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

※2
不動産取引情報提供サイト「RAINS Market Information」
http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do

相場の値段よりも高くマンションを売却する秘訣

マンションの相場価格を踏まえたうえで、より高く売却する秘訣を実践してみましょう。最初に「内覧対応」はしっかり行うように意識します。不動産売買ではほぼ確実に買主候補からの内覧申込があります。立地条件がよくても内覧の印象が悪ければ買主を逃してしまいかねません。

水回りの掃除

内覧前には掃除を隅々まで徹底し、必要があれば修繕も行いましょう。特に、トイレや洗面所、キッチンなどの水回りはしっかり掃除することが大切です。

内覧前には水回りの掃除が大事

インテリアも考えて

また、「インテリアの工夫」も肝心です。整ったインテリアは買主の心象を良くするために役立ちます。清潔感のある壁紙、家具の美しいなどは相場価格以上に物件を魅力的に見せるものです。また、照明の明るさ、色味などもこだわりましょう。

インテリアの工夫もしましょう

そして、「普段からのマンション管理」もいざというときに鍵を握ります。マンションを売却する際には売主自身が損傷や汚れを修繕する契約を結ぶことが多くなります。一気に修繕費を支払うと金額はふくらむでしょう。普段から管理をしっかりしておけば修繕費もかからないので売却のコストも減り、利益も上がります。

【マンションを高い価格で売却する6つの方法】

マンション売却価格を決めるポイントとは?

まずは高めの設定

マンション売却価格の設定にはコツがあります。安く売却して損をしないためにも、手順を意識して売却価格を決めていきましょう。売り急いでいない場合、最初は高めの売り出し価格で様子を見るのが基本です。もし内覧申し込みがなければ、2カ月程度で価格を下げましょう。

また、高額の売却価格に対して価格交渉を求めてくる買主もいます。交渉については積極的に応じ、妥協点を探るのがおすすめです。なお、最初から安く設定しすぎると、それ以上下げられなくなり価格交渉にも応じられません。もともと高く設定しているのなら、多少は値下げを受け入れても損にはならないでしょう。むしろ、価格交渉は必ずあることを前提にして最初の価格を決めるのが肝心です。

よくあるトラブル

仲介業者と売主の間でよく起きるトラブルが「適正価格」をめぐる言い争いです。高く売って儲けを出したい売主と、値段を下げて契約期間内に買主をつけたい仲介業者とでは往々にして意見が分かれます。そんなときは仲介業者としっかり話し合い、どうしても納得がいかないなら業者を変えるのも一つの選択肢です。

仲介業者と意見が分かれたらしっかり話し合いを!

マンションが売れないときは買取が良い?

どんなに待ってもマンションが売れない場合はあります。対策として買取システムについても覚えておくといいでしょう。買取とは不動産会社にマンションを売却してしまう取引方法です。

デメリット

マンションを買取った業者は、買手を見つけて買取価格以上の価格で転売します。不動産会社にとっては仲介業よりも多くの利益を出せるシステムではあります。ただし、売主にとっては仲介売却の約7割程度の値段になってしまうのがデメリットです。
新築など、本来なら高く売れるはずの不動産物件なら、買取にしてしまうことで売主が損をする恐れが出てきます。買取を決断する前には慎重に考えましょう。

メリット

一方、買取のメリットとしては確実にマンションを売れる点です。

マンションは時間が経過するほど価格が落ちる傾向があり、あまりにも売却まで手間取りそうなら買取にした方が得ともいえます。たとえば、築年数の古い物件や事故物件は待っていてもなかなか売れにくいです。物件の種類によっては、買取に切り替えて早い段階で手放しましょう。

【中古マンションが売れない今すぐ手を打つべきポイントはこれ!】

まとめ

 不動産売買では相場価格の把握が重要です。仲介業者に査定をしてもらえば売却価格の目安はわかりますが、実際より高く査定される場合もあります。査定を営業活動の一環と捉えている業者は、高額を提示して依頼者を確保したいと考えるからです。そのため、仲介業者の査定額が必ずしも相場に準じているとは限りません。
不動産売買に挑むなら売主も業者に頼るばかりでなく、自分の頭で考えて行動するように意識しましょう。

マンション売却の相場価格は、売主自身が査定前に調べておくのがおすすめです。業者が行った査定の正確性を判断できますし、優良な仲介業者を見つけるための基準にもなりえます。