まず、土地の価格には4つの価格がついています。

  • 固定資産税評価額
  • 路線価(相続税評価額)
  • 公示地価(公示価格)
  • 実勢価格(時価)

これらをまとめて、一物四価(いちぶつよんか)と言います。その中でも「売ったらいくらになるか?」という金額を表すのが実勢価格です。では、それを調べるには、どうしたらいいのでしょうか。

不動産鑑定士に頼む・近くの不動産会社に行って聞くなどの方法がありますが、中でも一番効率のいい方法が、ネットの一括査定サービスです。では、一括査定サービスについて説明していきます。

一括査定サービスとは

ネットを利用すれば誰でも簡単すぐに査定額がわかり、複数の不動産会社から査定結果をもらえるため査定額が比較できるサービスです。無料で利用できます。

一社だけに査定をするのは危険

査定額は一社だけわかればいいという方も多いかもしれません。しかし、一社のみの査定で判断することは、実はとても危険です。なぜなら、一社のみの査定額しかわからなければ、その価格が適正な相場価格かどうかの判断がつきません。

査定を一社だけにするのはだめ!

たとえば地価は、常に世の中の情勢で変動しています。一般的な価格だった土地が、数日後には倍以上になるなんてことも起こり得るのです。また、売却時の価格は会社や査定した人によって差が出ます。このことからも、一社のみの査定額をうのみにするのは早計です。必ず複数社の査定価格を比較し、選びましょう。

なぜ査定価格は査定する人によって異なるのか?

理由は様々ですが、大きな理由は主観が入るためです。 

取引事例比較法

不動産の売却時に使う方法には取引事例比較法というものがあります。簡単に言えば、居住する周辺にある物件の取引価格を比較して行う方法ですなのですが、比較にはどうしても主観が入ってしまいがちです。

例えば、取引事例比較法で3,000万円の建物があるとします。その周辺で、物騒な事件が起きたとします。査定する者が、その事を知らなければそのままの価格、知っていれば当然価格は激減するでしょう。このような理由から、大きな差が出てくるのです。このような査定価格の偏りをなくすためにも、複数の査定を比較することは重要なのです。

もちろん、不動産会社を訪ね歩いてそれぞれの不動産会社に土地価格を査定してもらうこともできますが、膨大な手間や時間がかかることは覚悟しなければなりません。ただ、直接聞いたほうが安心なこともあるかと思いますので、先に述べたことに気をつけて行動しましょう。

複数社で査定が大事なのはわかったけど。。。

一番高く不動産が売れる!
一番高く不動産が売れる!

イエイについて

イエイの査定サービスは、買手有利な不動産サービスの中で、売り手の立場に立って考えたサービスです。正確な不動産価格を知る手段としておすすめです。

イエイでは、地元に密着した不動産会社から大手の不動産会社まで、全国の優良会社に不動産価格査定を申込むことができます。もちろん無料です。最大6社まで気になる不動産会社に価格査定依頼できます。

不動産会社に直接、価格査定依頼するのではなく、イエイの査定サービスという媒介をはさみ価格査定を行うため、不動産会社からの過度な売り込みが抑制できます。価格査定をしたからと必ずしも売却しなくてはならないわけではありませんので、純粋に所有不動産の価値が気になる方にもおすすめです。

一括査定が手軽で簡単

特に土地の売却価格の相場が知りたい方は、急いだ方がいいかもしれません。何故なら、法律改正や時限特例の廃止により土地価格の固定資産税額の割合が上がってくる傾向にあるのです。土地価格の絶対上昇が保証されていた時代は、残念ながら終わったのです。土地の価格査定で満足の行く価格が出たら、土地価格が下落する前に売却するほうが賢明かもしれません。

査定サイトを賢く利用して、納得いく不動産売却に臨みましょう。

【実勢価格を不動産プロが解説】