不動産購入時と同じく、不動産売却時にも売却を依頼する不動産会社に「仲介手数料」を支払います。

仲介手数料は法律で上限が決められているので、不動産業者は法律に違反して上限を超えた仲介手数料を請求することはできません。しかし、そもそも仲介手数料とはどのような費用で、いくらかかるのかご存知でしょうか? 

今回は、仲介手数料について、仲介手数料の計算方法や支払い方法も詳しく説明していきます。

仲介手数料とは?

仲介手数料とは、不動産売買や賃貸の際に支払う不動産業者の売却活動に対する成功報酬です。

売買契約を結んで不動産売却を依頼すると、不動産業者はチラシやインターネットなどを利用して宣伝したり、物件見学の日程調整や現地案内をしたり関連書類の作成など、様々な売却活動をします。

しかし、仲介手数料はあくまで成功報酬ですので取引が成立した場合にのみ支払い、取引が成立しなければ支払う必要はありません。

ちなみに、仲介手数料は不動産業者に対して支払う手数料ですので、不動産業者を通さず個人の間で不動産売買や賃貸を行った場合は、仲介手数料はかからないということです。

【不動産を高く売るために仲介手数料を解説!両手、片手とは?】

仲介手数料は不動産仲介業者への報酬

仲介手数料はいくらかかる?

仲介手数料は法律で上限が決められている

仲介手数料は、宅地建物取引業法で上限が決められています。

売買価格(税抜)が1,000万円の場合は、仲介手数料の上限(税込)が388,800円

1,500万円の場合
550,800円
2,000万円の場合
712,800円
2,500万円の場合
874,800円
3,000万円の場合
1,036,800円
3,500万円の場合
1,198,800円
4,000万円の場合
1,360,800円
4,500万円の場合
1,522,800円
5,000万円の場合
1,684,800円

売買価格には消費税を含みませんが、仲介手数料には消費税が含まれます。この金額以下であれば、各不動産業者が自由に決めることができるのです。

しかし、法律で決められているのはあくまでも“上限”ですので、不動産業者はこの上限を超えて請求することはできませんが、不動産業者との交渉次第では10万円あるいは支払わなくても問題はないということです。

それでは次に、仲介手数料の計算方法を説明していきます。

仲介手数料の計算方法

まず、仲介手数料の税率は以下のようになっています。

売買価格(税抜)が

200万円以下の場合
200万円超~400万円以下の場合
400万円超の場合
5%+消費税
4%+2万円+消費税
3%+6万円+消費税

例えば、1,000万円の不動産を売却した際の仲介手数料を計算すると、売買価格が400万円を超過しているので、仲介手数料の税率は3%+6万円+消費税になります。

1,000万円×3%+6万円+8%=38万8,800円

売買価格が1,000万円の場合の仲介手数料は38万8,800円です。

仲介手数料は安ければいい?

 不動産業者に不動産売却を依頼する際に、仲介手数料が0円とまでは無理だとしても、半額にしてもらえるとしたら、とてもお得に感じませんか?

不動産業者と仲介手数料の減額を交渉することはできますが、仲介手数料は安ければいいというものではありません。

仲介手数料が安いのはいいけれど。。。

仲介手数料がどれだけ安くても不動産業者のサービスの質が悪ければ、納得できる不動産売却は期待しにくくなる可能性があります。

逆を言えば、仲介手数料の上限額を請求する不動産業者でも、サービスの質が良ければ良い条件で不動産売却ができ、結果的にお得になるのです。

不動産売却時はできるだけ抑えられる費用は抑えたいものですが、仲介手数料の安さだけで不動産業者を選ぶと、あとから後悔することにもなりかねません。

やはり満足できる不動産売却をするためには、信頼できる不動産業者を選び依頼することが大切です。

仲介手数料の支払い方法

 一般的に仲介手数料は売買契約凍結時に50%を支払い、不動産引き渡し時に50%を支払うのが通常です。

ですが、不動産引き渡し時にまとめて支払うことができる場合もあるので、仲介手数料の支払いのタイミングは事前に確認しておきましょう。