資産の売買でもある不動産売買を必ず成功させるには良い不動産会社と出会うことが大切です。良い不動産会社は売り手の望み通りの契約を結べるよう親身になって力を貸してくれるでしょう。ここでは、不動産売買を成功させるための不動産会社の選び方を解説します。

良い不動産会社を見つけるなら一括査定サイト!

優良な不動産会社を見つけるなら一括査定サイトがおすすめ!

良い不動産会社を見つけるためには複数の会社を比較するのが賢明だといわれています。しかし、実際にはいろいろな不動産会社をまわるのは至難の業です。たくさんの不動産会社を探すだけでも大変ですし、その全てに直接会って話を聞きに行くのはたいへんな労力を使います。何より、複数の業者をまわっているうちに時間が経過してしまい、理想の売却時期を逃してしまう恐れもあるでしょう。

とはいえ、少ない比較材料で不動産会社を決めてしまうのも不安が残るやり方です。そこで、一括査定サイトを利用した比較検討がおすすめです。

一括査定サイトでは、一度で複数の会社に査定申し込みができます。査定額の違いが一目で分かるのは依頼者にとって大きなメリットです。また、さまざまな会社の査定額を基にして物件の相場を推察できるのも便利なポイントです。もちろん、不動産会社で大切なのは査定額だけではありません。依頼者の要望にどれだけ応えてくれるかも肝心な要素です。

一括査定サイトでは会社ごとに依頼者への条件を提示してくるので、サービスの充実度まで比較検討できます。大幅に時間を削減できるうえ、不動産会社の誠実さまで確認できる一括査定サイトはとても効率的なシステムだといえるでしょう。

不動産売買を有利にすすめる媒介契約

不動産売買を決めたら、不動産仲介会社と媒介契約を結ぶ必要があります。契約システムは主に3種類あります。

一般媒介契約

自由に売買活動を行いたいなら、一般媒介契約がおすすめです。一般媒介契約は、必ずしも契約を結んだ不動産仲介会社を通して買い手を見つける必要がありません。売り手が自分で買い手を見つけてきても、別の不動産仲介会社を通して買い手を紹介してもらっても大丈夫です。また、契約内容次第では他の売り手が他の会社に接触していることさえ報告しなくて許されます。

ただし、自由度こそ高いかわりに売り手の負担が大きくなるデメリットはあります。

専属専任媒介契約/専任媒介契約

信頼できる不動産仲介会社ですべて任せたいなら、専属専任媒介契約がおすすめです。契約期間の期限は3カ月であり、その間は1社だけに仲介を任せます。売り手は契約期間中、他の不動産仲介会社には仕事を依頼できません。売り手の自由度こそ狭まりますが、不動産会社は契約期間中に買い手を見つけなければ成功報酬をもらえないので、集中して仕事に取り組んでくれるメリットがあります。

専任媒介契約も専属専任契約と似たシステムです。ただし、売り手自身が買い手を見つけてきた場合のみ、会社を通さずに物件を売却することができます。

不動産会社の免許番号と行政処分歴をチェック

不動産会社を選ぶ際には、免許番号と行政処分歴をチェックしておきましょう。残念ながら、不動産仲介会社の中には法外な仲介手数料を取ろうとしたり、手数料以外の利益を得ようとしたりする詐欺まがいの業者もあるのです。信用できる会社かどうかを確認するためには、不動産仲介会社の免許番号がある程度役立ちます。

免許番号は宅地建物取引業の免許証にある()でくくられた数字のことです。開業間もない会社は(1)からスタートし、5年ごとに更新して(2)、(3)と数字は増えていきます。業態が変化した場合は数字が(1)に戻るので絶対的な基準にはなりませんが、それでも長く健全な営業を続けている一つの目安にはなるでしょう。

行政処分とは

行政処分とは、不動産仲介業者が違法行為を働いた場合に下される業務停止などのペナルティです。たとえば、「誇大広告」「法外な手数料の請求」「契約内容の隠ぺい」などは行政処分の対象になる行為です。行政処分を受けた過去のある不動産会社は経営体質が不健全である恐れが高まります。処分後に経営が改善されていることもまれにあるものの、基本的には信用してかからない方が無難です。

免許番号と行政処分歴は、国土交通省免許の業者なら国土交通省地方整備局などで、都道府県知事免許の業者なら都道府県庁で確認しましょう。

【免許番号を見れば不動産会社の信頼度が分かる?】

不動産会社にも専門がある!

不動産会社にも得意分野があるので、目的にあった会社を見つけると売買もスムーズに行えます。今回紹介する4つの分野のうち、不動産売買を希望する個人がお世話になるのは前者2つです。

媒介業者

まず、「媒介業者」は、不動産売買物件、投資用物件、事業用物件の媒介などが主な業務です。不動産売買をするなら媒介業者に依頼するのが基本となります。これ以外の業者を尋ねても、期待通りのサービスは受けられないケースが多いでしょう。

買取再販業者

次に、「買取再販業者」は、新築売れ残り物件や中古物件の買取再販、競売物件の買取再販を行っています。売却で売れ残った物件を買取保証してもらう業者です。買取再販業者に仕事を依頼するメリットは「買い手がつくまでの早さ」です。事情があって物件をすぐにでも手放したい売り手は買取再販業者に依頼するといいでしょう。

分譲業者

3つ目の分野は「分譲業者」です。マンションデベロッパー、開発業者、建売業者などの総称として呼ばれています。そして、「その他」に属する分野には、企画開発業、不動産投資ファンド、テナントビルや商業施設の運営などさまざまな仕事があります。これらは、物件を利用して投資活動などを行ないたい場合には相談するのがおすすめです。

大手業者と中小業者はどっちが良い?

大手と中小のどちらがいい?

不動産仲介業者には大手から中小までさまざまな規模の会社があります。それぞれの特徴があるために、どちらがいいとは断言しにくいところです。

たとえば、大手業者の方が有名なだけ信頼性が高く、多くの実績を持っているので信用もできます。仲介を頼んでもすぐに多くの買い手が集まってくるため、売り手の選択肢も広がります。そのぶん、好条件の買い手に出会える確率も高まるでしょう。

一方、中小企業は地元に根ざしているケースも多く、地元業者しかわからない情報を知っている場合があります。大企業でさえ把握していないようなコネクションを駆使して、好条件の買い手を紹介してくれる可能性もありえるのです。また、中小企業は一般的に、大企業よりも依頼人との距離が近いのが魅力です。相談事にも親身になってくれたり、融通の聞く対応をしてくれたりする傾向が見られます。

大手、中小という選び方は、必ずしも絶対的な条件とはなりません。企業の規模よりも、その地域での仲介実績がどのくらいあるのかを確認しましょう。特定の地域に限っては、地元で人気の中小企業の方が大企業以上の実績を残していることも少なくないからです。

まとめ

 不動産売買は慣れていない人だと険しい道のりになりがちです。不動産売買において、不動産会社は売り手の頼もしいパートナーになってくれます。売り手に不足している知識を不動産会社はカバーしてくれますし、会社の助けがあれば予想以上の条件で物件を売却することも可能です。ただし、良い不動産会社と出会うためには会社選びに注意しなければいけません。

「どんな会社が理想なのか」を知らなければ、悪徳業者の主張を真に受けて損をすることもありえるでしょう。また、不動産会社の規模だけで信用してしまうのも危険な選び方です。不動産売買を成功させたいなら不動産会社のいろいろな特徴も知っておいて損はありません。そして、一社だけでなく複数の会社を比較しながら自分にとって信用できる会社を見つけましょう。