法人がマンション売却をすると法人税がかかります。基本的に消費税は、法人から商品などを購入したときにかかる税金です。マンションも一応はこの課税対象の商品にあたります。なので法人によるマンション売却の場合は全て消費税がかかるのです。

法人のマンション売却

個人の場合はかかりませんが、ただ、個人でも収益目的にテナントなどを経営しておりそれを売却した場合には、消費税がかかります。そもそもこの場合には収益目的ということもありますので、個人であってもほぼ法人と変わりません。

それから、元々は個人が所有していたマンションの場合でも不動産業者が買い取り、それを個人に売る場合には消費税がかかります。

個人から買い取っているので必要ないように思われるかも知れませんが、一度不動産会社が買い取っているため、不動産会社から買い取ったということになるからです。また、土地の部分には課税されません。

なのでマンション売却で消費税がかかる場合、マンションの算定価格から土地の費用を引いた分が消費税の課税対象となるでしょう。

マンション売却には色々な税金がかかります。この税金に関しては現在は5%であるものの、将来的には確実に税率が上がります。なので法人で売りたいと思っているのであれば、税金の上がる前までに売ってしまうのが得策なのです。

この税金も少しだけでも税率が上がれば、かなり割高になってしまうためです。

注意しましょう。