マンション売却後に必要な手続きとはどんなものがあるでしょうか。

マンション売買契約後

マンションを無事に売買契約を済まし決済を終えれば売却手続きが完了するのですが、トータルで時間が掛かる事が多いので売買契約が済んだあとから決済の当日までの間は計画的に行う必要があります。

マンション売買契約

売買契約が終わった後、買主のほうでは住宅ローンの審査があります。ですが万が一、住宅ローンの審査に通らなければ今回のマンション売却の話は白紙に戻ってしまう事になります。ですので、段取りをきちんと考えて行動することが大切です。

マンション売却後の行動

マンション売却が完全に成立したと想定し、引越しの手続きや住宅ローンの解除手続きを銀行等でする事については、買主が住宅ローン審査に通過したあとにしましょう。

【マンション売却が決まった!契約内容は確認していますか?】

マンション売却後の行動

ちなみに買主の住宅ローン審査が通過した後の手続きは、住宅ローンを組んでいる場合は解除する必要がありますので銀行等に連絡し手続きをします。住宅ローンはすべて完済しないと解除ができませんので決済当日、買主から支払われる物件代金で残りの住宅ローンを支払うようにします。

銀行側でも準備の為に時間がかかるので、その分の計画も必要です。決済日が決まり次第銀行から連絡があり、同時に手続きや流れについての説明があると思います。

管理組合や管理会社へも連絡しましょう。マンション売却の実行の件については、不動産会社と当事者しか知らないので忘れずに連絡しましょう。

こうして銀行・管理組合・管理会社へ連絡を済ませたら引越しの準備に取り掛かりましょう。こちらにも注意点があります。引越しのスケジュールと引き渡しの調整があります。
買いかえの場合は、先に新居へ引っ越しを行ってから引き渡しを行うと良いでしょう。

しかし場合によっては、売却代金を受け取ってから新しい住まいの資金にしなければならないこともあります。そのようなケースでは、つなぎ融資を活用し支払を行う手段もあります。