マンションを購入するとき、ニコニコ現金一括払いで購入するという人は、よほどのお金持ちです。多くの方は、マンションを購入するときには、銀行などの金融機関で住宅ローンのお世話になります。

金融機関で住宅ローンを組むと、住宅の購入資金以外にも、自動的に加入させられるものがあります。

それが、火災保険と地震保険です。

火災保険の扱い

金融機関は、マンションを担保にしてお金を貸しているわけです。その担保が地震や火災でなくなってしまったら、困ってしまいます。担保があれば、支払えないときにはそれを差し押さえればいいわけですが担保が火事でなくなってしまったら、借り逃げされる可能性もあります。

【住宅金融支援機構や保険について】

火災保険の扱い

それを防ぐ意味で、自分の金融機関が運営している火災保険などに加入をさせるのです。では、マンション売却をしたときには火災保険の扱いというのはどうなるのでしょうか。

結論から言えば、マンション売却をした際には火災保険料は戻ってきます。マンションの価格によって違いはありますが、30年長期一括払いで、約10万円程度です。

地震保険の場合には、火災保険よりも少額にはなります。マンション売却をしたら、もちろん火災保険も地震保険も支払う必要はありません。

だからといって、マンション売却をしたら自動的に解約となるわけではないので注意が必要です。こちらから保険会社のほうに連絡をして、マンション売却をしたので解約する旨を伝えましょう。