不動産を売る時に何社の不動産会社に依頼をすればいいかは、お客様の売りたい時期によって変わります。

どういうことかと言えば、不動産を売りたい時期がまだまだ先、もしくは不動産売却を特に急いでいる訳ではなければ、十分に検討する余裕があるので、多少相談する会社が増えても問題はないからです。

では、今すぐに売りたい場合はどうでしょう。

何社も依頼する時間はありません。ある程度、不動産会社を絞って依頼するのが得策でしょう。ここで一つ注意点ですが、売り急いでいるからといって、1社だけに相談するのは得策でありません。

あくまで、数社には相談しましょう。

不動産会社を選ぶ基準

おおよそ3種類の不動産会社を比較してみるのがいいかと思います。

  1. 地元の不動産会社です。土地勘も十分理解しているので近辺のことに詳しく、相談がしやすいというのもメリットになります。
  2. 大手と言われる不動産会社。全国区のものもあり、ネットワークが広いのが特徴です。
  3. 新聞の折込チラシや広告などに記載している会社です。

もし時間があるなら、友人知人からの紹介もいいでしょう。信頼がある人からの紹介ならば、安心して取り引きができるうえに手続きもかんたんです。ただ、どちらにしても一社だけにお願いするのはNGです。 

知人友人の紹介もあり!

理由としては、不動産会社によっては査定額であったり、提案方法が違ったりするためです。不動産会社の中には、マンションの物件が得意であったり、不動産の買取をしていなかったり、賃貸業を中心にやっている所があったり、不動産会社によって業態も違います。

お客様の中で既に信用している会社があれば、そこだけに依頼して構いませんが、そうでなければ複数社に依頼しましょう。

複数社に相談した上で、専任媒介契約にするか一般媒介契約にするかを決めますが、この媒介契約にも色んなメリット・デメリットがあるので、こちらも十分検討しなければなりません。

なるべく妥協はせず十分に検討して不動産売却を成功していただければと思います。