不動産売却をしたときの所得は譲渡所得に当たり、その他の所得とは違う方法で計算され課税されるようになります。

確定申告とは1月1日から12月31日までの1年間で得た所得を申告することで、所得税額を申告納税したり還付申告したりする税務処理のことですが、不動産売却した時にも確定申告を行う必要がでてきます。

基本的には収入金額から譲渡費用と取得費を差し引いた計算により金額が算出され、その際の税金は分離課税という分類になります。

確定申告

不動産を売却しても確定申告をする必要がある

確定申告の際の必要書類には

申告書B様式
分離課税の申告書
譲渡所得の内訳書などの書類

が必要になります。 必要書類のうち特に譲渡所得の内訳書を正確に書くことによって、そのほかの書類も比較的楽に作成できるようになります。 不動産売却の確定申告を行うためには、申告書を作成する前に譲渡所得の内訳書を作成するのですが、最も効率的な方法です。

譲渡費用というのは

印紙税
不動産売却の仲介手数料
借家人がいる場合は立ち退き料

などがあげられます。

また、取得費とは収入金額に対しての資産の取得にかかった金額のことです。

そして収入金額というのは、実際に不動産売買契約書に記載されている金額がこれに当たります。

申告の際の必要書類は

確定申告書
譲渡所得の内訳書
売買契約書
売買代金受領書
固定資産税概要書
仲介手数料等譲渡費用領収書

など、譲渡した時の書類が必要になります。 ただし、これらの書類はコピーでも構いません。