住みながら自宅を売却するとき、室内の掃除をどのタイミングで行うのか気になる人もいるでしょう。不動産仲介会社に訪問査定を依頼、購入希望者の内覧など、さまざまな人が自宅に出入りします。そのため、生活しながらの自宅売却は気が休まらないと感じる可能性があります。しかし、できれば室内は常に綺麗にしておきたいものです。査定時、内覧時の掃除で気にしておきたいポイントについてみていきましょう。

物件の査定時には気にしておきたい掃除!

期待はできないが印象は良くなる

査定額に期待はできなくても印象はよくなる

不動産売却を検討しはじめたら、いろいろなことを準備する必要があります。

自宅を売却するときには、まず不動産仲介会社に訪問査定を依頼する人がほとんどではないでしょうか。プロに自宅の価値を査定してもらうことで、売却価格がどれくらいになるのかがわかります。大切にしてきた自宅を売却するのであれば、できれば高く売れたらうれしいでしょう。

自分で徹底的に掃除をしてできるだけ査定額をアップさせたいと考えることがあります。しかし、掃除をしたからといって査定額が大きくかわるかというと、残念ながら大きな影響はない可能性があります。必要以上に期待してしまうとがっかりするかもしれません。

ただ、室内がきれいに保たれているかを確認しておくことはとても大切なことです。なぜなら、室内がきれいに掃除されていれば、汚れているよりは不動産仲介会社の担当者の印象はよくなるからです。査定時には担当者が見ても心地よい清潔な室内を意識しておくことを忘れないようにしましょう。

結論としては、査定の前に掃除はしておいたほうがよいと言えます。

なぜ掃除で査定額のアップは期待できないの?

不動産仲介会社で査定価格を出すときは、売却するときにきれいに掃除をされたイメージをすでに想像できています。そのため、慌ててプロのハウスクリーニングにお願いして室内を徹底的に掃除する必要はありません。

一方で、生活をしているうちにバスルームやトイレがカビだらけで気になったり、室内でタバコを吸うときはクロスが汚れたりしていきます。キッチン周りの油汚れが掃除してもとれなくて気になることもあるでしょう。そのため、室内の印象がどうしても気になる場合があります。なるべく普段からまめに掃除をしておくことが大切です。

もし予算が許せば、査定額に直接は影響しないものの部分的にハウスクリーニングをお願いしてもよいでしょう。

査定時に掃除をしていないのはデメリットもある?

査定時は売主の人柄を見られている可能性も

部屋の状態は売主の印象に影響がある

査定時に慌てて完璧に掃除をする必要はないことがわかりました。また、掃除が査定価格に大きく影響しないことで、ひと安心した人もいるのではないでしょうか。

しかし、稀に室内の状況によっては不動産仲介会社の担当者の印象を大きく左右してしまうことがあるので注意が必要です。担当者は物件を預かり売却をする立場なので、仕事をスムーズに行い、できるだけ早く売買契約を結んでしまいたいと考えるものです。

そのため、売却する物件の価値を判断するだけではなく、売主の人柄も査定時にさりげなくチェックしている可能性が高いでしょう。
不動産会社の担当者は、大きな金額が動く契約に携わるため、なるべく問題のありそうな売主とはかかわりをもちたくないと考えるものです。

もし、不動産仲介会社が訪問して自宅を査定したときに、部屋の中で異臭がしたり、ものやゴミが散らかしっぱなしだったりすると、とてもだらしない印象を担当者に与えてしまうでしょう。

さらに、室内があまりにもひどい状態だと、売主は普通に話が通じる人なのか、いい加減な人なのかもしれないなど、担当者に多少なりとも警戒されてしまうことがあります。そうなると、信頼関係が築きにくくなる可能性が高くなるでしょう。

客観的な視点が大切

自宅は大きな買い物ですし、売却をできるだけスムーズに進めるためには、やはり掃除を意識しておく必要があるのは事実です。

自宅は生活する場所なので、他人があまり訪問しないような家であれば、自分では案外汚れが気にならないものです。また、ハウスクリーニングではすでに落とせない汚れが室内に存在していると、別途リフォームが必要になることがあるでしょう。売却する際に余計な出費は避けたいと考えるのが一般的なので、不動産仲介会社の査定担当者も言い出しにくい可能性が高いです。

そのため、売主には伝えないまま多少は査定価格に影響する可能性もあるのです。このようなケースはよほどの状況でない限り、ありえないことです。しかし、査定担当者が室内の状況を判断するときはさまざまな心理が働いています。売主は客観的な目線で準備しておくことが大切です。

掃除が必要なのは内覧時!第一印象は大切!

査定時は、不動産のプロが物件自体の価値を見極めることを目的としています。普段から掃除をまめにしている場合は、掃除は少し意識しておく程度で問題はないでしょう。

一方で、不動産売却で室内の掃除が大きく影響を及ぼす可能性が高いのは内覧時です。なぜなら、内覧する人は自宅を探している一般の人です。自分たちが住むために内覧をするので、内覧希望者の予約がはいったらしっかり掃除をしておくことが大切です。

もし、自分が内覧者の立場であったらどうだろうということを常に意識しておきましょう。家の第一印象があまりよくないと、購入を見送る可能性があるのではないでしょうか。

意識しておきたい場所

玄関

第一印象をよくしたいならまずは玄関を意識

第一印象で意識しておきたい掃除のポイントは、玄関がきれいに掃除されているかが大切です。余計なものが置いていないか客観的な視点でチェックしておきましょう。また、靴や傘の臭いも印象を大きく左右するので注意が必要です。

消臭剤を見えない場所に置いたり、換気をまめに行ったり気を遣う場所です。

水回り

水周りの清潔さも大事

次に内覧者が気になるのは、全体の清潔感です。注意しておきたい場所はキッチン、トイレ、バスルームなどの水回りです。キッチンはシンクの水垢、レンジフードやコンロの油汚れをしっかり落としておきましょう。また、排水口から臭いがしないかチェックが必要です。

トイレは臭いに気を遣うことはもちろんですが、床や壁に汚れがあれば落としておくことが大切です。不潔な印象を与えないように気をつけましょう。

バスルームにカビと石鹸の水垢、髪の毛が落ちていると一瞬で内覧者の印象を下げてしまいます。どうしてもカビが落ちないときには、ハウスクリーニングのプロにお願いすることも検討してもよいでしょう。

室内

室内のホコリも気をつけて

室内もほこりなどが床や家具にたまっていると、よい印象を与えません。内覧時は購入希望者にとって一度きりの訪問になることがほとんどです。掃除を怠ってしまったことが原因で、購入を見送る可能性もあるということを心にとめておくことが大切です。

掃除の不備で値引き交渉されることも?

内覧時に購入希望者が自宅を気に入ってくれるのは、価格が希望していた予算に近く、住みたいエリアの物件であったから、などがよくある理由でしょう。また、子どもの学校に近かったり、通勤に便利な場所であったりすることも購入を後押しする理由としてあるはずです。

立地や予算は購入者にとってあまり動かすことができない要素です。もし、ほかに比較できるような物件が近隣にない場合には、内覧した人の選択肢が限られているため購入しようと考える可能性が高いでしょう。不動産は二つとして同じ物件は存在しないため、タイミングがよければ、お互いにとって効率的な売買につながることがあります。

しかし、ちょっとしたことで売却が難航する可能性もあります。最初はささいなこと、と片づけられるかもしれませんが、場合によっては売主・買主双方で話がこじれてしまうことがあるでしょう。お互い気持ちよく取引をするためには、売主側でできることは準備しておくにこしたことはないでしょう。

できる準備とは

たとえば、内覧前にバスルームの掃除を怠ってしまったことで、カビが残っていたとします。内覧者は物件を気に入ったので前向きに購入を検討したいものの、バスルームの換気設備が気になるなどのコメントを案内した担当者に伝えることがあります。

また、キッチンのレンジフードの油汚れがひどいので、新しいものを買い替えるための費用分を値引きしてくれないだろうか、などといわれてしまうこともあるでしょう。

不動産売却においては、売主はできるだけ高く、買主はできるだけ安く買いたいと考えているのが一般的です。そのため、内覧時に掃除が行き届いていなかった部分があると、内覧者に値引きの交渉材料を与えてしまうことになりかねません。

特に水回りは購入検討者がかなり気になる部分です。しかし、売主がリフォームをするにしても多額の費用がかかる場所であるため、売主にとって値引きを迫られてしまうと困ってしまうでしょう。

掃除が原因で値引きされてしまう可能性があるので、必要に応じてプロのハウスクリーニングを行っておいたほうが結果的によかったというケースもあります。

なかなか買主が現れない可能性も!

なかなか売却に至らないのはなぜ?

内覧者は定期的に来てくれるけれど、いっこうに購入申し込みが入らないことがあります。さまざまな原因が考えられるのですが、自分ができることは限られています。不動産仲介会社に毎回内覧後になぜ成約に至らないのかを質問してみて、原因を探ってみましょう。

もし、漠然とした理由であれば原因が特定できないので困ってしまいます。しかし、あきらめずに掃除をして様子を見ることが大切です。

内覧時にどこを掃除したか、気になる汚れがないかなど、もう一度冷静に振り返ってみましょう。購入希望者は、興味のない物件を内覧するほど時間に余裕がない可能性が高いです。それでも、多くの人に内覧後購入を見送られてしまうのは、何かしらの原因があるからです。考えられる理由としては内覧時の印象です。

印象がよくなければ、住みたいという気持ちにはならないものです。もしかすると、掃除が原因である可能性もゼロではないでしょう。掃除が原因で売却に時間がかかってしまうと、最悪の場合には値下げを検討せざるを得ない状況になることもあるので注意が必要です。

一般的に不動産売却の成約に至るまでの期間は長くても3カ月ほどといわれています。もし、3カ月以上経っても申し込みが入らない場合は維持費や固定資産税などの税金も余計にかかってしまうので、結果的に売れない期間は損失になる可能性があります。早めに室内のクリーニングをしておくことで、売却できるのであれば対応が必要と言えそうです。

ハウスクリーニングをプロに依頼したとしても数万円で収まるでしょう。維持費を節約するためにも掃除をしておくほうが得になる可能性もあります。

掃除はやはり大切!きれいな状態を心がけよう!

自宅を売却するときは、掃除がすこし足りなかったとしても物件の査定価格に影響することはそれほどありません。しかし、掃除を怠ってしまうことでなかなか売却できなかったり、値引き交渉されたりするデメリットが考えられるでしょう。

計画的に室内を掃除することは不動産売却するときにはとても大切です。