不動産の売却には、不動産買い取り業者に売る方法と、不動産仲介業者を通して買い主に売る方法があります。今回はそれぞれの方法について、メリットとデメリットを解説していきます。後半では買い取り相場の調べ方も紹介。不動産を初めて売る方にぜひとも知っておいてもらいたい内容をまとめました。

買い取り業者と仲介業者の違い

大きな違いは、売る相手です。買い取り業者を利用した場合には、不動産の買い手は不動産会社となり、仲介業者を利用した場合には、不動産の買い手は一般の人となります。買い取り業者と仲介業者にはそれぞれにメリットとデメリットがあるので、見ていきましょう。

買い取り業者のメリット

買い取り業者を利用するメリットはたくさんあります。まず、買い取り業者は買い手が不動産会社のため、即金で現金を得られます。価格交渉が終われば後は契約してお金を受け取り、物件を引き渡すだけです。それに伴う広告活動や見学会等を行う必要がなく、周りに売却活動を知られる心配がないといった点もメリットです。 

 また、マイホームを売却する場合には、見学会に向けて家の中を清掃したり、場合によっては賃貸に移り住んで空き家にしておいたりする必要がありますが、買い取り業者を利用する場合にはその心配もないのです。

買取業者に売ると、仲介手数料が不要です

買い取り業者を利用した場合、仲介業者を利用した場合に必要となる仲介手数料が不要となります。買い取り業者は多くの場合、買い取った不動産を転売して利益を出すことを考えているため、仲介手数料で利益をあげる必要がないのです。

買い取り業者のデメリット

買い取り業者を利用するデメリットは1つ。仲介業者を利用する場合と比べて買い取り価格が安くなることです。地域や物件によって異なりますが、だいたい1~3割程安くなると考えておいてください。相場より3割も安くすれば、仲介業者を利用してもすぐに売れる可能性があるので、仲介業者を利用するのか、買い取り業者を利用するのかはよく検討する必要があります。

時間をお金で買う

買い取り業者を利用する場合に意識していただきたいのは、「時間をお金で買う」ということです。つまり、仲介業者を利用した際にかかるさまざまな労力や時間を相場の1~3割というお金を出して買っているということです。

仲介業者のメリット

仲介業者を利用するメリットは、買い取り業者を利用するデメリットの反対で、不動産を高く売却できることです。できるだけ高く売りたいという売り手の心理としては、仲介業者のメリットは魅力的にうつります。

仲介業者を利用した場合、いくらで売れるかはわからない

仲介業者を利用して不動産を売却する場合、注意しておきたいことが査定価格=売却価格ではないということです。

査定価格が相場か相場より高かったとしても、売却活動をしているうちに売れない期間が続けば、売却価格をどんどん値下げをしていくことになります。無事購入希望者が現れたとしても最後に価格交渉をされることは常なので、少し高めに設定しておいたほうがいいでしょう。

仲介業者のデメリット

仲介業者を利用するデメリットも、買い取り業者のデメリットの反対であると考えてください。いつ不動産が売却できるかわからないため引っ越しの段取りがしづらく、また住宅ローンを組んで購入していた不動産を売却する場合には、その住宅ローンを完済できるだけの資金がないと売却できないです。 

仲介業者を利用する場合には、売りに出してからしばらく売れないと値下げをしていくことになりますが、その結果ローン残債以下の価格となってしまう可能性もあります。

また、一般の人に物件を売却する場合、引き渡しをした後にもトラブルになる可能性がある点も注意が必要です。

瑕疵担保責任がついてきてしまう

仲介業者を利用するデメリットとしてお伝えしておきたいのが、瑕疵担保責任の存在です。瑕疵担保責任とは、売却相手が一般の人の場合に、売却してから1年間、物件に関しての不具合、欠陥に対して責任を負うというものです。

売主は必要に応じて、そうした欠陥を修復しなければならず、場合によっては解約、損害賠償を請求される場合もあります。

この瑕疵担保責任は、買い主が不動産会社の場合には適用されません。買い取り業者を利用する場合には、原則、瑕疵担保責任が免除となるのです。

どちらの売却方法を選べば良いのか?

それぞれのメリット、デメリットを一覧にしてみました。これらを踏まえて、売却方法について考えてみましょう。


買い取り
仲介
即金性
すぐに現金を得られる
売却できるまでどれだけ時間がかかるかわからない
資金計画
立てやすい
最後まで売却価格が不透明
広告活動
必要ない
周囲の人に売却が知られる
仲介手数料
不要

売却後のアフターフォロー
不要

売却価格
1~3割引
市場価格

売却方法の決め方

即金が必要な場合や、売却に費やす時間を準備できない場合には、買い取り業者を利用することになるでしょう。広告活動を周囲に知られたくないという理由は比較的特殊な理由ですが、売り看板を設置しないということや、周辺にはチラシをまかない、インターネットには掲載しないという方法で、仲介を利用することもできます。しかしこの場合、当然成約率は落ちてしまいます。

上記の表からもわかるように、買い取りを利用した売却方法の方が、さまざまな面でメリットがあります。買い取り業者を利用するデメリットと言えば売却価格だけなのだですが、ここが一番のネックだと言えるでしょう。

しかし、仲介会社を利用した場合でも、状況次第ではかなり安い売却価格となる可能性もあります。買い取り業者による1~3割の割引分は、仲介業者を利用するよりも多く得られるメリットの利用料金だと考えてみると良いのではないでしょうか。

買い取り相場はインターネット査定でわかる

買い取り相場を調べるのに一番良い方法は、実際に査定をしてみることです。インターネット査定であれば、物件の情報を入力するだけでかんたんに査定を受けることができます。

買い取り業者の目的は、不動産を買い取って再販をして利益を出すことなので、買い取り業者に「この物件は売れる」と思われれば高い査定価格がつきますし、そうでない場合には安くなります。この判断基準は買い取り業者によって異なるので、何社か見比べてみましょう。

不動産の買い取り相場を調べるには、買い取り一括査定サイトを利用するのが一番効率的なのです。



まとめ

買い取り相場の査定はできるだけ多く査定依頼した方が良いと言えます。それには、インターネットの一括査定サイトを利用すると手軽にできて便利でしょう。

また、買い取りと仲介についての違いや、メリットデメリットについて理解していき、ご自身の状況に合わせて業者を選び、有効的な不動産売却を行っていきましょう。