お客様の口コミ

遠距離での売却活動でも、信頼できる会社に任せたら無事に売れました!

tochi_kochi

現在私は、東京に住んでいますが、数年前に他界した両親の土地付き一戸建てが高知にあり、兄弟で財産分与について話し合うことになりました。

結果、生前の父との話もあり、長女である私が手続きをすることになりました。

とはいえ、東京から高知は遠く、簡単に行き来できる距離ではありません。

たまたまお墓参りで高知に行ったとき、地元の不動産会社を訪問し、なかなか来れるわけではないこともありますので、話の流れで専任媒介契約を結ぶことにしました。

思い返すと安易な決断だったな、と思うのですがとにかくその時は手間をなくしたいという気持ちでお願いしてしまったのです。

結果、依頼はしたものの、話が進むことはなく、契約から2ヶ月がたってしまいました。
いつまでも所有していても税金と管理費だけがかさんでいくのみで、全くメリットはありません。

よく知りもしない不動産会社に一任してしまったのは間違いなのか、そもそも査定額は妥当なのか、と悩み始め、ネットで検索をしてみることに。

売却をした人の体験談、などのまとめているサイトをみていると「一括査定」という言葉が目に入りました。どうやらその方は一括査定をして、売却をしたようでした。

不動産売却 一括査定 で検索して一番上にでてきたこのサイトをみてみると、
『今日、売ったら最高でいくらで売れるかが正確にわかります』『当サイトは不動産を高く・早く・賢く・確実に売りたい方が対象です』と書いてありました。

その当時専任媒介契約を結んでいたのですが、価格を聞くだけならいいだろうと思い、
利用をしてみました。

連絡をくれた不動産会社の方も、私が専任媒介契約を結んでいることを知っていたようで、その質問もされました。

私としては、現状打破したいこと、遠方に住んでいるのでなかなか高知に出向くことはできないが、今契約している会社でうまくいかなそうなので切り替えを検討していること・・・等包み隠さず話してみました。

すると、
「査定はもちろんさせていただきます。ただ、今すぐ動くことは出来ないので契約が切れたタイミングでもう一度ご連絡させてください」と誠実な対応をしてくれた方がいました。
本当に今のままで大丈夫なのかな、という疑問をいだき半ば軽い気持ちで依頼したものの、先方の誠意ある対応に心をグッと掴まれ、その電話の後に、契約を結んでいた会社に契約期間満了とともに解除することを伝えました。

契約期間が切れたあと、再度イエイを通して依頼をした複数社に連絡をしました。
やはり、先の経験もあったので、会ってみて最終的に依頼する会社を決めることにしました。

数社と私の予定をあわせて、訪問査定していただく日程を決め、同日に全ての会社に訪問していただきました。

査定額はそこまで大差なく、提示いただいた内容も大きな違いはありませんでした。
前回の失敗もありますので、遠くはなれていても意思疎通ができる、信頼できる方にお願いしようと思ったので、査定依頼後の電話応対時にとても誠実な対応をしてくれた営業の方の印象が、やはり会ってみても一番だったので、お話をすすめることにしました。

お願いすることを伝えたあと、すぐに再訪してくださり、「後悔させません!安心してお任せいただけるようこまめに連絡し、売却完了までしっかりサポートさせていただきます!」と笑顔で決意表明してくれました。

その言葉の通り、前回の会社とは違い、定期的な連絡や、広告活動の際の提案、相談などしっかり連絡をくれたので、兄弟への報告も出来、かつ話が進んでいる安心感でだいぶ落ち着いて向き合うことが出来ました。

やはり田舎の物件ということもあり、なかなか買い手は見つからなかったのですが、お願いし始めて数ヶ月、数組の内覧希望した中の1組の方が、購入したいといってくれました。

財産分与後、処理をしたかったので価格にはあまり期待をしていませんでしたが、はじめの査定額を割ることなく、希望額で購入していただきました。

全てを任せっきりにしたにもかかわらず、誠心誠意最後まで対応してくれた営業の方、そして比較するきっかけをつくってくれたイエイさんには感謝しております。

なかなか売れずに悩んでいる方、本当にこのままでいいのか?と悩んでいる方、ぜひ、一括査定をしてみてはいかがでしょうか?

私のように、悩んでいる方が一人でも減って、より良い売却ができるよう、心よりお祈りしております。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>