仲介手数料について学ぶ

不動産の買取業者と仲介業者、どちらにすべきですか?

不動産の売却には、不動産買い取り業者に売る方法と、不動産仲介業者を通して買い主に売る方法がある。今回はそれぞれの方法について、メリットとデメリットを解説。後半では買い取り相場の調べ方も紹介。不動産を初めて売る方にぜひとも知っておいてもらいたい内容だ。

買い取り業者と仲介業者の違い

大きな違いは、売る相手だ。買い取り業者を利用した場合には、不動産の買い手は不動産会社となり、仲介業者を利用した場合には、不動産の買い手は一般の人となる。買い取り業者と仲介業者にはそれぞれにメリットとデメリットがあるので紹介する。

買い取り業者のメリット

買い取り業者を利用するメリットはたくさんある。まず、買い取り業者は買い手が不動産会社のため、即金で現金を得られる。価格交渉が終われば後は契約してお金を受け取り、物件を引き渡すだけだ。それに伴う広告活動や見学会等を行う必要がなく、周りに売却活動を知られる心配がないといった点もメリットだ。

また、マイホームを売却する場合には、見学会に向けて家の中を清掃したり、場合によっては賃貸に移り住んで空き家にしておいたりする必要があるが、買い取り業者を利用する場合にはその心配もない。

買取業者に売ると、仲介手数料が不要です

買い取り業者を利用した場合、仲介業者を利用した場合に必要となる仲介手数料が不要となる。買い取り業者は多くの場合、買い取った不動産を転売して利益を出すことを考えているため、仲介手数料で利益をあげる必要がないのだ。

買い取り業者のデメリット

買い取り業者を利用するデメリットは1つ。仲介業者を利用する場合と比べて買い取り価格が安くなることである。地域や物件によって異なるが、だいたい1~3割程安くなると考えておくと良い。相場より3割も安くすれば、仲介業者を利用してもすぐに売れる可能性があるので、仲介業者を利用するのか、買い取り業者を利用するのかはよく検討する必要がある。

時間をお金で買う

買い取り業者を利用する場合に意識していただきたいことが、時間をお金で買う、ということである。つまり、仲介業者を利用した際にかかるさまざまな労力や時間を相場の1~3割というお金を出して買っているのである。

仲介業者のメリット

仲介業者を利用するメリットは、買い取り業者を利用するデメリットの反対で、不動産を高く売却できることだ。できるだけ高く売りたいという売り手の心理としては、仲介業者のメリットは魅力的である。

仲介業者を利用した場合、いくらで売れるかはわからない

仲介業者を利用して不動産を売却する場合、注意しておきたいことが査定価格=売却価格ではないということである。査定価格が相場か相場より高かったとしても、売却活動をしているうちに売れない期間が続けば、売却価格をどんどん値下げをしていくことになる。無事購入希望者が現れたとしても最後に価格交渉をされることは常だ。

仲介業者のデメリット

仲介業者を利用するデメリットも、買い取り業者のデメリットの反対であると考えて良い。いつ不動産が売却できるかわからないため引っ越しの段取りがしづらい。また住宅ローンを組んで購入していた不動産を売却する場合には、その住宅ローンを完済できるだけの資金がないと売却できない。仲介業者を利用する場合には、売りに出してからしばらく売れないと値下げをしていくことになるが、その結果ローン残債以下の価格となってしまう可能性もある。

また、一般の人に物件を売却する場合、引き渡しをした後にもトラブルになる可能性がある点にも注意が必要である。

瑕疵担保責任がついてきてしまう

仲介業者を利用するデメリットとしてお伝えしておきたいのが、瑕疵担保責任の存在だ。瑕疵担保責任とは、売却相手が一般の人の場合に、売却してから1年間、物件に関しての不具合、欠陥に対して責任を負うというものである。売主は必要に応じて、そうした欠陥を修復しなければならず、場合によっては解約、損害賠償を請求される場合もある。

この瑕疵担保責任は、買い主が不動産会社の場合には適用されない。買い取り業者を利用する場合には、原則、瑕疵担保責任が免除となるのだ。

どちらの売却方法を選べば良いのか?

それぞれのメリット、デメリットを一覧にしてみた。これらを踏まえて、売却方法について考えてみる。

買い取り 仲介
即金性 すぐに現金を得られる 売却できるまでどれだけ時間がかかるかわからない
資金計画 立てやすい 最後まで売却価格が不透明
広告活動 必要ない 周囲の人に売却が知られる
仲介手数料 不要
売却後のアフターフォロー 不要
売却価格 1~3割引 市場価格

売却方法の決め方

即金が必要な場合や、売却に費やす時間を準備できない場合には、買い取り業者を利用することになるだろう。広告活動を周囲に知られたくないという理由は比較的特殊な理由だが、売り看板を設置しないということや、周辺にはチラシをまかない、インターネットには掲載しないという方法で、仲介を利用することもできる。しかしこの場合、当然成約率は落ちる。

上記の表からもわかるように、買い取りを利用した売却方法の方が、さまざまな面でメリットがある。買い取り業者を利用するデメリットと言えば売却価格だけなのだが、ここが一番のネックだと言えるだろう。しかし仲介会社を利用した場合でも、状況次第ではかなり安い売却価格となる可能性もある。買い取り業者による1~3割の割引分は、仲介業者を利用するよりも多く得られるメリットの、利用料金だと考えてみると良いのではないだろうか。

買い取り相場はインターネット査定でわかる

買い取り相場を調べるのに一番良い方法は、実際に査定をしてみることである。インターネット査定であれば物件の情報を入力するだけで査定を受けることができる。買い取り業者の目的は、不動産を買い取って再販をして利益を出すことなので、買い取り業者に「この物件は売れる」と思われれば高い査定価格がつくし、そうでない場合には安くなる。この判断基準は買い取り業者によって異なるのだ。

不動産の買い取り相場を調べるには、買い取り一括査定サイトを利用するのが一番効率的である。

まとめ

買い取り相場の査定はできるだけ多く査定依頼した方が良いと言える。それには、インターネットの一括査定サイトを利用すると手軽にできて便利だろう。

また、買い取りと仲介についての違いや、メリットデメリットについてご理解いただけたら、ご自身の状況に合わせて業者を選び、有効的な不動産売却を行っていただきたい。

カンタン60秒で最高額チェック






  • 1






  • 2






  • 3






  • 4








この動画を観るのに2分のお時間だけいただければ、
あなたの
不動産
売却の未来が変わります。
  • あなたの不動産の最大価値がスグわかる
  • わずか60秒で最大6社に依頼ができる
  • 全国1000社以上の優良業者を比較できる

独自評価4.0以上の不動産業者のみ厳選しました

依頼がご不安な方、ご不明点のある方へ

親切・丁寧にご対応いたします只今スタッフ待機中

依頼がご不安な方、ご不明点のある方へ

「売却したいけど進め方がわからない」「税金の専門家に相談したい」など、なんでも結構です。全て無料ですのでお気軽にご相談ください。 ご相談方法は、上記フォームから物件情報を登録し、ご相談内容をご記入くださいませ。


コメント

  1. おっちゃん より:

    定年したので、隠居しようと思い、アパートを売ることにしました。不動産屋に査定をお願いしたところ、思ったよりも高額な買取り価格だったので、即決しました。売却も即座に行い、すぐに入金もあったので、とても良かったです。余計な不動産があるなら、不動産屋に見てもらうと良いでしょう。きっと、思ったよりも高い金額で売れるはずです。

  2. 匿名 より:

    定年をきっかけにアパートの売却を決めましたが、アパートを売るに当たり購入希望者の情報量が多い不動産を選ぶ基準にしました。査定額と売却額との差ですが、なんと250万ほど高く買い取っていただけたので納得した価格に落ち着くことができました。また、売却にかかった期間は3ヶ月とあまりの早さに驚きました。こちらに依頼してよかったです。

  3. ここを使ってよかったです。 より:

    子の結婚費用を調達するために長年住み暮らした一戸建ての家を売却する決断をしました。
    家を売るのは人生設計に大きく左右する事ですから大変な勇気と覚悟が要ります。
    ですから相談する相手は専門知識のある資格を持った人で、誠実に話を聞いてくれる人でなければならないと、方々の不動産屋を探し回りました。
    ようやく出会った不動産屋は良心的で、私の見積もった額より100万近くも多い値段で買い取ってくださいました。

Comments are closed.